小川幸夫 のすべての投稿

東京から車で約1時間、 千葉県柏市の郊外、ゆっくりとした時間が流れる場所に小川さんの農園はありました。 江戸時代以前からこの土地に移り 住み、何代にも渡り農業を営んできた小川農園。 地元の土質を活かす事と、いろいろな虫や微生物が住める環境づくりで美味しい野菜を育てています 。 小川さんの畑の重要なポイントは二つ! 様々な生き物が住める環境。 栄養を与え過ぎない。 「このあたりの土質は火山灰土がおおく土地がやせているため 、 いろいろな種類の野菜を作るのに適しています 。 様々な野菜があると、様々な虫が住むようになり、全体がつながった生態になります。」 虫も野菜も元気に育つ事ができる畑!それが小川さんの農園です!

【動画】枝豆・いんげんを植えよう

クリックで動画をスタート


作物の実がなるまでは、あとちょっと。頑張って植えましょう。

まずはともあれマルチ!

今日は枝豆の苗とインゲンの種を植えます。場所は一番南側に植えます。

80センチ幅の畝を作ってマルチをはります。
畝の高さは、高すぎず低すぎず、10センチくらいの高さが適当です。
畝が高過ぎると、横に根を張る植物はそれ以上根を張れなくなってしまいます。

畝を作って少し高くしてやらないと、水が貯まって作物が枯れてしまいます。というわけで、マルチを張る張らないにかかわらず、畝は作ります

枝豆の植え方

・今回植えるのはサッポロミドリという品種。色が黄緑で最近あまり作られていない品種、それでも美味しい
・今回は苗で植えます。
・間隔15センチのマルチ穴に一株ずつ植える。
・深さは、まめっ葉のあたりを目安に。
深さが浅すぎると、風で倒れたり折れたりするので、しっかりと。

インゲンの植え方

・今回植えるのは、さつきみどりという品種。古い名前ですが、食べるととてもおいしい品種。
穴4カ所に種を2粒ずつ植えます。種は苗と違い発芽しないリスクがあるので、少し多めに植える
・種を植える深さは、大体種の3倍を目安に
インゲンは間が30センチ以上離れていれば良いので、大体の目安で穴に種を植えてください。

恒例の虫コーナー

・ぼちぼち青虫が出てきました。青虫は大食漢なので、がんばって取りましょう。
・でも、モンシロチョウの幼虫はおバカさん、葉っぱの上に堂々としているのですぐ分かります

小川幸夫

この記事を書いた人: 小川幸夫

東京から車で約1時間、 千葉県柏市の郊外、ゆっくりとした時間が流れる場所に小川さんの農園はありました。 江戸時代以前からこの土地に移り 住み、何代にも渡り農業を営んできた小川農園。 地元の土質を活かす事と、いろいろな虫や微生物が住める環境づくりで美味しい野菜を育てています 。 小川さんの畑の重要なポイントは二つ! 様々な生き物が住める環境。 栄養を与え過ぎない。 「このあたりの土質は火山灰土がおおく土地がやせているため 、 いろいろな種類の野菜を作るのに適しています 。 様々な野菜があると、様々な虫が住むようになり、全体がつながった生態になります。」 虫も野菜も元気に育つ事ができる畑!それが小川さんの農園です!