野菜種類別のアーカイブ: ニンジン

【会員投稿】間引きしたニンジンがおいしく変身!

こんにちは、ベジフレです!

会員の方から、おいしい情報が届きました!
間引きしたニンジンで、かき揚げを作ったそうです。
(実よりも葉っぱがメイン使用。)

<作り方>
サツマイモとニンジンとウインナーをマッチ棒くらいの太さに切り、葉の部分は少し短めに切り、衣をつけて揚げます。

できあがりはこ~んな感じ!

かき揚げ!
かき揚げ!

野菜だけよりもハムやウインナー等を使うと格段に美味しい、とのこと。

「ニンジンの葉はあまり流通してないので、この料理ができるのも作っている特権ですね。」
ほんとにその通りですね~^^

おっとよだれが・・・・・

みなさんも、是非お試しください!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

カブを植えました!

こんにちは!ベジフレです。
1枚目の写真は、虫のワンダーランド。
キアゲハの幼虫がニンジンについていますよ~よくみて退治!!

虫ワールド
虫ワールド

さて、今日はカブを植えました。
オクラとモロヘイヤがあったところを耕して、マルチ(穴の多いほう)を敷きます!

カブまきシーン
カブまきシーン

防虫ネットをかぶせて、(端はちょっと長いけど、折りこんで入れます)できあがり!

カブにも防虫ネットをかぶせます
カブにも防虫ネットをかぶせます

防虫ネットの中に虫がいる区画も。
できるだけネットの中に虫は入れないようにしましょう!

ネットの中の虫は、逃がしましょう
ネットの中の虫は、逃がしましょう

ナスがあるところにコマツナを植える予定です。
もうナスを終わりにしても良いかな、と思ったら、カブと同じ穴の多いマルチをはって、5粒ずつまきましょう。
(あとから2株程度、間引きます)
ちなみにコマツナは10月末までまけます!

講習会終了後の「野菜講座」も、大好評で終了しました!
IPM(総合的病害虫管理)などの普段はなかなか聞けない話や、
テントウムシ事件、イチゴ大失敗の巻・・・など、爆笑の渦の一幕も。
野菜講座2(鋭意企画中・・・)にもどうぞご期待ください!

講座の1シーン
講座の1シーン

【10月6日追記】

PIC_2287

 

キャベツ、ブロッコリー、白菜の葉が食べられていたら、このヨトウムシに注意です。シロイチモンジヨトウガの幼虫で、夏のヨトウムシほど大量発生はしませんが、葉の裏にいて発見しにくいので、食べられたばかりの葉(食べられて時間の経った穴は、穴の部分が黄緑に変色していますが、食べたては緑のままなので、そこを重点的に調べましょう。)

PIC_2297

ニンジンの大敵はキアゲハの幼虫ですが、メイガの幼虫も発生しています。トウモロコシのときのように芯にもぐりこんでニンジンを食べてしまうので、早期発見、退治しましょう。

PIC_2294

 

メイガの幼虫を発見するのは、なんかニンジンの葉が元気ないなぁというものの根元に数の子のような黄~オレンジの食べかすを見つけます。こうなるとこのニンジンは芯まで食べられている可能性が大きいので掘り出して引きずり出すしか駆除できません・・・。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ニンジン再播種とキュウリの整理

こんにちは、ベジフレです。

今日から後期(秋冬シーズン)のスタートになりました。7月末に播いたニンジンもご覧のとおり成長しました。

CIMG5978

でも、あまり込み入って生えてしまっているところは、間引いてあげないと隣のニンジンと絡み合ってしまいます。

毎週様子をみて、10センチくらい幅をとれるように少しずつ抜いてあげましょう。

CIMG5979

 

おっとはやくもニンジンの害虫発見!キアゲハの幼虫です。だいぶ大きくなってきていますね~。怖いですが、駆除しましょう(T.T)。

CIMG5993

CIMG5991

ちなみにこの右の蝶々がキアゲハの成虫だよ。

夏野菜も一区切りで、今週はキュウリエリアを整理しました。

CIMG5995

まだの方は早めに整理してくださいね。

次回以降、どんどん苗を植えていく予定です。夏休みの宿題で、肥料を入れた畝のところをもう一度たてておきましょう。

ただし、これから肥料を入れてしまうと苗に悪い影響を与える畏れがあるので、この時期の鶏糞まきはNGです。

CIMG5988

次回も張り切っていきましょう!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ニンジンの芽がでました!

こんにちは、ベジフレです!
みなさん、ニンジンの芽がでました~!

CIMG5914-300x2251
事務局でも補助的に1日1回、水やりをしていますが
畑に行った時にはお水をあげてくださいね。

土が流れなければ、水のやりすぎということはないそうです。
どんなニンジンに育ってくれるのか、楽しみですね♪

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

夏野菜メニューの参考に!【会員投稿】

こんにちは!ベジフレです~。
今日は会員のみなさまから寄せられたお料理写真を紹介しますね!
どれもこれも美味しそうで、よだれがでちゃいます~!

私が気になったのは、キュウリのキューちゃん!
漬物のイメージがあったのですが、これ、キュウリをタレで煮るんですね。
事務局でも早速つくってみたら、思いのほか大成功。
とれすぎキュウリの保存にぜひ!

それから、お好み焼き風パスタ。
キャベツ活躍メニューとのことです!焼きそばのイメージに近いのか・・・??
気になります。

そして、オクラとニンジンの豆腐ツナサラダ。
さっぱり美味しそう!

今度作ってみたいのは、トマト麻婆かな^^
トマト麻婆”茄子”でもイケそう!
もうネーミングが、トマトなのかナスなのかわからないですね・・

写真をお送りくださったみなさま、ありがとうございます♪
引き続き募集していますので、どしどしお送りくださいね!!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

秋冬野菜始動!

秋冬野菜第一号として、ニンジンを植えました!

35度を超える猛暑日となった7月最後のベジフレ講習会では、秋冬野菜第一号としてニンジンの植え付けを実施しました。

今回は「ベーターリッチ」と「ちはま5寸」という2種類にチャレンジ!

CIMG5895

ベーターリッチは長く育ってくれるのが特徴。通常は5寸(15センチくらい)ですが、これは20センチくらいまで成長します。

CIMG5894

 

 

「ちはま五寸」その名のとおり五寸の長さ。できたときの横筋が目立って見た目が悪いので、農家さんはあまり作らないのですが、味はピカイチと小川さんのお墨付。

ニンジンは発芽させるのが難しい作物で種植えにはコツがいります。

植え方は、言葉では説明しにくいので、今回は図を描きました。

この説明と図は、農具入れに貼り付けてありますよ。

CIMG5910 CIMG5911

 

コツは種は浅く(1センチくらい)植えて、土はやさしく軽くかぶせること。そして、水をたっぷりあげることです。

ニンジンは発芽まで毎日水をあげることが発芽成功の秘訣!皆さん毎日お水をあげてくださいね(約2週間)。

CIMG5892

棒で一直線に溝を作ります。

CIMG5897

一列に5センチ間隔で種を置きます。

 

CIMG5898

CIMG5893

 

やさーしく土をかぶせてください。

CIMG5900

 

水は十分あげましょう。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

気がつけば ナスもオクラも 虫のえさ

雨が心配された19日も無事講習会を実施しました。

むしろ、暑過ぎずに作業には適していたかもしれません。

夏野菜収穫後に肥料を入れて数週間経ちましたので、いよいよ次回から秋・冬野菜の植え付け作業の方に取り掛かります。

第一弾は「ニンジン」です。「ニンジン」は発芽までがポイントとのこと。さあ、どうなるか楽しみですね。

さて、今回も前回に引き続き夏野菜の管理・収穫です。

・トマトはどこまで伸ばす?

トマトはぐんぐん生長して、今では大人の背丈を越えるほどになっているものもあります。このトマトどうすればいいかというと・・・。

DSC_0236_R

DSC_0239_R

伸びたところをひねりながら横へ倒します。トマトはひねりに強いので、ピキっという音がするまで曲げてやりますが、無理に曲げすぎて、パキっと折れないようにしましょう。

幹が縦に割れる分には問題ありません。

こうして下に伸ばしてやることで、これからもどんどん収穫できます。

キュウリも同様にします。

・オクラにも害虫の影が!

これまで順調な成長と収穫をしているオクラですが、なんと葉に虫食い跡が!これはいったい何なのでしょう?

DSC_0229_R

 

この葉をくるっと巻き込んでいるもの。それはワタノメイガの幼虫です。今回は既に姿をくらましていて蜘蛛の巣状の白い糸とフンだけが。

彼らの仲間でフキノメイガというものもいて、ワタノメイガのように茎に穴を開けて進入して被害を出すやつもいますので、茎に穴が開いていたら要注意です。トウモロコシのときのように茎を割いて駆除しましょう。

DSC_0230_R

これはマメコガネ。コガネムシの一種でキラキラの緑なのですが、葉を食べるコガネムシ。1、2匹ならいいのですが、たくさんになるとやはりNG。排除してください。

さて、このオクラですが、毎週のように背丈が伸びて、今では大きいものでは大人の胸の高さくらいあります。小川さん曰く、品種にもよりますが、3メートルくらいまで延びるものもあるとか?!収穫できないじゃないですかっ!

ですので、実を採ったらその下の葉を落とし、ヒョロヒョロに上に伸びないように世話をして、節を短く成長させることが大事なんですね。

・悪役テントウムシ

ナスの葉にも虫食い跡が出始めてきました。

DSC_0242_R

 

これはニジュウヤホシテントウの幼虫です。白っぽくてナナホシテントウの幼虫ほどグロテスクではないのですが、葉の裏に付いて葉を食べちゃいます。

DSC_0248_R

こちらがニジュヤホシテントウの成虫。成虫になっても葉を食べます。

テントウムシはテカテカ系は益虫、くすんでいるのは害虫というようなひとつの見分け方もあるとか。

ニジュウヤホシは駆除しておきます。

ナスにはノミハムシという2mmくらいの小さくて黒い甲虫が付くこともあります。ノミというくらいで、小さくてすばやい動きをします。これも見つけたらやっつけてください。

DSC_0245_R

 

ナスの葉についていたメンガタスズメというガの幼虫です。蛍光色&キラキラのラインできれいな色をしていますが、ナスの葉を食べる害虫ですのでやはり駆除しましょう。結構大きくてビックリしますよ。

・パトロール隊ハラビロカマキリ

DSC_0227_R

 

カマキリは基本的に畑のハンターですので、かわいがってあげましょう。これはハラビロカマキリといって小さめですが、すばしっこく獲物を追って移動する種類です。

 

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。