野菜種類別のアーカイブ: ハクサイ

虫アタック!!!

こんにちは、ベジフレです!
今週も晴れました~。農園では虫アタックの嵐です!!!!

<ゾウムシアタック。>

↓ハクサイ
12240120_944650228962282_1578959262822699391_n

こいつがヤサイゾウムシだ!
12241298_944650292295609_243765011250097198_n

<アオムシアタック。>

↓小松菜
12227135_944652872295351_4781288283010186654_n

かなりむしゃむしゃ食べられています・・・

<そして、ネキリアタ~ック!>

↓ホウレンソウ
12243146_944653205628651_2828248681743501677_n

ぎゃぁぁ・・・ホウレンソウ、頑張って!

虫との戦いはまだまだ続きそうです。

さて気をとりなおして、今回の収穫物!

ブロッコリー(スティックセニョール)!
12234918_944651692295469_571389654680262287_n

セニョールじゃないブロッコリー。
12235000_944651735628798_4590527809146518712_n

ニンジン!
12234953_944651188962186_2339278322898387682_n

ミズナたち!
12278823_944650502295588_2138424739969366079_n

だんだんと収穫シーズンを迎えています^^
この連休、ぜひ畑へ足を運んでみてくださいね!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

秋雨寒畑のはずですが・・・。

今日はあいにくの雨。

e43f448a-f897-4fe9-bbd9-9184c8b5dd15

ということで、自由参加となりましたが、日々野菜は育っているので、今週末の畑の様子をレポートします。

まず11月の雨ということでさぞかし寒いかと思いきや、意外に気温も下がらず、この時期にしては少々温かい感じですね。

雨が少なかった10月に比べると今月は雨が多めで、ネキリムシにやられたホウレンソウのまき直し地帯でも、新しい芽が出てきていました。

気温が高めで雨が降れば、ホウレンソウなどの成長も期待できるのですが、本来寒い時期に甘味を増す冬野菜ですので、今収穫期を迎えているものには少々好ましくない天候かもしれません。

da389dfb-9cb1-4b9b-8b15-d17025bdaf72

ハクサイにはヤサイゾウムシの幼虫が入り込んでしまっているものがありました。成長が遅くて巻いていないものは、芯の方まで入り込んでしまっています。去年はいなかったのですが、今年は大量に発生しているようです。

丹念に駆除して野菜の成長力に期待しましょう。

一方で、もう十分収穫可能なハクサイもあります。キャベツと違い育ちすぎて割れることはないので、必要な分だけ持っていけますし、そのまま放置しても年を越せます。

cfc37919-7d48-47d0-acdc-7a48bbb1d31c

今年は数種類のキャベツを植えています。早くできるものは、もう食べごろになっていますので、小ぶりですが形ができているものは、天辺を軽く押してみて固くなってきているようなら収穫OKです。

b8c78519-3380-43ec-b2dd-69336ffc213e

0de93b58-8355-4b2b-b925-ec784aacada8

 

5361a81c-3f4a-447f-9e61-3a34a39eadf5

キャベツの夜盗虫を放置してしまうとこのとおり中まで食べつくされてしまいますね。ここまで大きくってしまっています。そろそろサナギになろうというところでしょうか?

12239562_1647817802153440_4267782767786193576_n

スティックセニョールはこんな感じで脇芽を収穫しましょう。(小川さんのFB写真から勝手に拝借)

暖かいとブロッコリーの花が咲いてしまうので、十分な大きさのものは早めに収穫しましょう。

 

霜が降りると美味しさが増す冬野菜。今年はもう少し辛抱が必要かもしれませんね。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

秋冬の管理作業

こんにちは、ベジフレです。

秋冬の管理作業がスタート!
やるべきことは主に3つ。

■苗ものの土寄せ
■間引き
■ネットはがし

具体的にみていきましょう。

1)苗ものの土寄せ
苗で植えたもの(キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ)は、土寄せを行います。

12165785_844405639005859_963498654_n

少しケイフンを入れて土を盛ります。
次の雨の時に植物が喜んで一気に大きくなりますよ~!
株元だけに土を盛るのではなく、2列の畝を作るように土を盛りましょう。
これによって成長に差がだいぶ出ます!!

↓こんな感じで完了。
12168110_844406029005820_1415922156_n

12167868_844416782338078_1432099997_n

2)間引き
12168062_844407505672339_435039523_n

<大根>
大根をまびくときは、からんだ葉をきちんと解いてからにしましょう!
上の写真ぐらいの大きさでマビキ時です。ひと穴1本にしますよ~。
間引いたダイコンは、「マビキナ」といって、昔は売れたんだそうです。
大根は取った瞬間から劣化するので、早く食べてくださいね♪

<カブ>カブはカブの形になる前にまびきます。

<ニンジン>
ニンジンは5センチ幅(列幅は10センチ)にします。負けてる方をまびきます!

3)ネットはがし

キャベツ、ブロッコリー、白菜はネットにぶつかるくらい大きくなったら、ネットを外します。

剥がしたネットはもとの場所にたたんで小綺麗にしておきます(^^)
乾いた頃を見計らってみんなで巻き巻き整頓作業をしましょう~。

12166160_844400752339681_790756224_n

1937858_844405505672539_1109269330_n

19番さんの区画が参考になります。ので、わからない場合は見せてもらってくださいね~!
12167128_844423215670768_2030635500_n

農機具入れに種とマルチを置いておきましたので、まだの方はお好きなタイミングで作業を進めてみてくださいネ。
12165943_844397259006697_1583275722_n

12170684_844397249006698_843406998_n

会員さんから梨の差し入れをいただきました~!
みんなで試食。とってもおいしかったです♪
12170621_844418155671274_1689285337_n

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

2014年最後のベジフレ講習会!!

こんにちは。ベジフレです。

早いもので、2014年も残すところ後10日ほど。あっという間の農園ライフでしたね~。

さて、爆弾低気圧が発生して北海道などでは大変な風雪に見舞われたところもありました。この低気圧、海水温がまだ高いところに、この時期としては強い寒波が南下したことによるものだそうで、温暖化の過渡期の現象ともいわれています。昨年も関東地方は大雪が降ったように、極端な気象現象に気を許せないこの頃です。

ここ数日の極度の冷え込みは野菜たちにどんな影響を及ぼしたのでしょうか・・・。

まずは、春菊。

もともと寒さに弱いということで、トンネルを施したのですが、さすがに数日の冷え込みのせいで弱ってきています。うーん。これからの陽気にもよりますが、もしかしたら数日中に元気なところだけでも収穫しておいたほうが良いかもしれませんね。

もちろん、芯が生きていれば、また葉を茂らせてくれる可能性はありますが・・・。

ダイコン。

CIMG6880

葉がこの写真のようにシナッとなってきているようでしたら、早めの収穫がよいです。霜にあたってせっかく甘くなってきているのですが、さすがに極度の寒気には露出している部分が耐え切れずこのようになってしまっています。

寒気を防ぐには、この根の部分を土で埋めてしまうという方法や、一度抜いて土に埋めてしまうなどの方法もあります。寒冷地では、このまま葉ごと埋めてしまうところもあるくらい。土による防寒と保存ですね。

カブ。

CIMG6879

ベジフレのカブは寒さに抵抗性を持っているようで、元気!いい感じのものは収穫!たぶん1月ごろまではだいじょうV。

でも、アブラナ科は陽が長くなってくると花を咲かせようと中心から花芽があがってきます(トウダチというそうです)。そうすると芯がモクシツ化して木のように硬くなってしまうので、気をつけましょうね。

ニンジン。

葉が枯れてなくなってしまっても、土中で保存されますので大丈夫。でも、どこにあるか分からなくなる可能性もあります。しばらくすると芽を出してくるので、それを目安に採ることもできますが、芽が育ちすぎると今度はおいしくなくなりますのでタイミングを間違えないで。

ハクサイ。

CIMG6875

霜にあたると周りの葉がぐでっとなってしまいます。まだ収穫しないものは紐を使って保温できるように、周りの葉をまとめましょう。

CIMG6876

ブロッコリー。

CIMG6871

お待ちかねのブロッコリーです。やっと食べられそうになってきました。

収穫するときは、10センチくらい下を切ってあげます。そのとき脇目を残すようにしておくと、その後ワンランク下のサイズのブロッコリーが数個採れます。そのミニブロッコリーを採るときも、脇目を残すとさらに湾サイズしたのミニミニサイズが数個。1月中くらいは収穫を楽しめますよ。

キャベツ。

ベジフレキャベツは寒さに強い品種。まだまだ元気です。破裂しないうちに収穫!

ホウレンソウ。

ホウレンソウはもともと寒さに強いので、葉を摘んで暫くは楽しめそうですね。

CIMG6884

じんわりと収穫が楽しめる冬野菜。シチューやお鍋など温かレシピに役立ちそうですね。

では、みなさん今年も一年ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

2点、注意!

こんにちは!ベジフレです。
今日は、寒いかな~と思って厚着していってまた失敗しちゃいました。
動くとポカポカ暖かい作業日でしたね^^

さて、今日は小川さんから大きく2点の注意事項がありましたが、
その前に・・・・

【ハクサイ・キャベツ、食べごろは来週!】
ハクサイとキャベツは、実を手で包んで揺らしてみます。今はまだフワっとしていますが、
これが来週あたりになるとずっしりしてくるんだそうです。そうなったら食べごろですよ!

【ダイコンも、もうそろそろ!】
ダイコンも、土の上に頭を出し始めました。
もうひとまわり大きくなるそうです!

ダイコンももうそろそろ
ダイコンももうそろそろ

では本題に・・・

<注意点1>春菊

春菊が、カメムシの被害にあっているようです。
もう一度、防虫ネットをかけましょう!

しゅんぎくにネットを!
しゅんぎくにネットを!

春菊をよくみて、茶色くなっているものや、生長が止まってしまっているものがあれば
種をまきなおしましょう。マルチに手で穴をあけて、予備的に育てておくのも一つの方法です。

脇に穴をあけて撒いておきましょう
脇に穴をあけて撒いておきましょう

<注意点2>ブロッコリー

ブロッコリーのほうは、しゃくとり系の虫が葉を食べています。
葉を裏返しにして、虫がいないか確認しましょう!
放っておくと、ブロッコリーの内部に侵入してしまうそうです。

ブロッコリーの葉
ブロッコリーの葉

来週は収穫物がありそうです!
お楽しみに・・・

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。