野菜種類別のアーカイブ: トウモロコシ

いよいよ収穫の季節!

こんにちは、ベジフレです!
さて、いよいよベジフレ畑も収穫の季節を迎えました。
キャベツ・ブロッコリー・コマツナに加え、今週はインゲン・トマト・ズッキーニ・キュウリも収穫できました!

「収穫の目安」の一覧を作りましたので、参考にしてみてくださいネ。
農機具入れの横にはっておきます!

参考にしてみてくださいね!
参考にしてみてくださいね!

今週の目玉は、「アワノメイガ」の退治。
トウモロコシの茎の中に潜んでいます。泡のようなものがあったら要注意!
穴があいていることを確認したら、茎を縦に裂いて幼虫をひっぱりだします。

泡がでているところをよくみると・・・
泡がでているところをよくみると・・・

写真はちょっとピンとが合っていませんが、こんな感じの幼虫が中にいるハズ!
サイズ感だけでもお伝えしたくて、あえてUPします。

ちょっとボケてしまっていますが、これが幼虫!
ちょっとボケてしまっていますが、これが幼虫!

管理作業は「トマト・キュウリの支柱くくり」「ナスの剪定」の2つです!
トマトとキュウリは、どんどん上へ伸ばしましょう。
ナスの剪定はルールがあります(プロでも難しいらしいです…)。「ベジフレ通信」に詳しく乗せていますので、参考にしてみてくださいネ!

トマト・キュウリはどんどん上へのばしましょう
トマト・キュウリはどんどん上へのばしましょう
ナスの剪定も怖がらずにやってみましょう
ナスの剪定も怖がらずにやってみましょう

キャベツ・ブロッコリーは、そろそろ収穫終了です。
土曜日来られなかった方は、次回農園に行った時に丸ごととってしまいましょう!

丸ごととってしまいましょう
丸ごととってしまいましょう

コマツナ・キャベツも同様、収穫終了、丸ごととります。

こちらも、丸ごととってしまいます。
こちらも、丸ごととってしまいます。

収穫が終了したエリアから、秋冬野菜に向けての土づくりを始めます!
次のラインナップも楽しみです。

【講習の様子を動画でチェック】

今回は一区画分の野菜をトウモロコシから枝豆まで、一つ一つ小川さんが収穫や手入れについて解説。
1)トウモロコシ

2)ジャガイモ・ブロッコリー・キャベツ

3)キュウリ・ズッキーニ

4)コマツナ・ホウレンソウ

5)モロヘイヤ・オクラ

6)ナス

7)トマト・インゲン・枝豆

※お詫び
30分ほぼノーカットで一気に説明!でアップロードしましたが、youtubeサイトで「動画が長すぎる」ということで、拒否されてしまっていました。申し訳ございません。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

モロヘイヤの定植とトウモロコシの追肥

こんにちは!ベジフレです。

暑くなるかな・・・と思ったけど、風も気持ちのよい爽やかな陽気となりました(^^)
トップ画像は本日の人気者!ぬいぐるみのようなモフモフ具合で人懐っこさを発揮、一緒に農作業を楽しんでくれていました!

20140524154505

さて、本日はタイトルにもあるように、以下の2本立て。
①モロヘイヤの定植
②トウモロコシの追肥

作業スタート!

①モロヘイヤの定植
苗を、オクラの隣のマルチ穴5つに植えていきます!

②トウモロコシの追肥
脇とまん中をサクって、鶏糞をまきます。

それから、今日は状況を見つつ苗の植えかえもやりました。
この苗、大丈夫?と思ったら、小川さんに相談してみましょう。

この虫、なんですか?
この虫、なんですか?

いよいよ野菜も生長をはじめ、先週までとの風景の違いにびっくり。
それに伴って、虫もたくさんいました!
益虫と害虫、見分けられるようになると、なんだか嬉しいですよね。
「この虫なんですか?」のオンパレードだった今日、小川さんお疲れ様でした!

クリックで動画スタート
モロヘイヤの植え方は上記にてご確認ください。
動画後半の害虫特集でこれからの駆除作業に役立ててください。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

トマトの苗植え、トウモロコシの追肥、野菜ドーム撤去

こんにちは、ベジフレです!

今日はトマト(大玉。以前植えたものはミニトマトでした)の苗植えと、トウモロコシの追肥です!

PIC_1781_R

なぜ大玉のトマトの苗、このまえ一緒に植えられなかったの?
小川さんによると…
「花芽がつく前に土に植えてしまうと、苗が暴れてしまってうまく育たないんです」

苗が暴れる!?…つまり風に揺らされるってことなんですけど、すごい表現ですよね!
つい、苗が本当に暴れている様子を想像してしまいました。。

作業スタート!

【トマトの苗植え、支柱立て】

PIC_1778_R

①トマトの苗を以前はったマルチのあいている箇所に植えます。
②支柱を立てます。(向こう側とこちら側で×状になるように!)
③支柱にトマトの苗を、ワラで軽く固定します。

CIMG5206
※上、真ん中、下の3か所をとめます。

CIMG5195
※とがった側が地面に差すほうです。

クリックで動画スタート

【トウモロコシの追肥】
マルチ、とっちゃいます!
CIMG5192

そのあと、苗の間に鶏糞をさっとまいて、土になじませます。
CIMG5194

【野菜ドームの撤去】
キュウリとズッキーニにつけておいた野菜ドームは、外します!取り外したら、いっぱい水をあげましょう。
PIC_1787_R

これで本日の作業は終了です!
風がとても強くて、土ぼこりまみれになりながらの作業でした。
みなさんお疲れ様でした!

来週は、モロヘイヤを植える予定です。
お楽しみに!!

【要注意幼虫 ヨトウムシ!】

夜盗蛾(ヨトウガ)。幼虫が夜中に土から出てきて、葉を食べつくすことから成虫につけられた何とも不名誉な名前だ。

幼虫はヨトウムシとも呼ばれて、暴食の限りを尽くすため、畑の大敵とされている恐ろしい害虫。

イネ科以外の作物を食べるので、農園野菜はほとんどが彼らのターゲット!!

大量発生で甚大な被害報告もあるぞ。

老齢の幼虫は日中土にもぐってしまい発見しにくいので、早期除去が大切なのだ!

クリックで動画スタート

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

【動画】トウモロコシを植えよう

クリックで動画をスタート

ブロッコリーの苗が・・・

強風が吹き、ブロッコリーの苗が折れてしまったようです。

植える際のコツ

南風が強い時期は、北側に倒して植えてあげると折れにくいです。
・植物は風が強ければ倒れて、日が昇れば上にというように、ある程度気候に準じて対応していくものです。

ピクニックコーンを植えよう

今回植えるトウモロコシはピクニックコーンすごく甘いです。「ミライ」という一世を風靡した甘いトウモロコシを超える甘さがピクニックコーンです。
欠点はひとまわり小さいこと・・・くらいです。すっごく美味しいので楽しみにしてください。

トウモロコシを育てるコツ

トウモロコシは無農薬でも育てやすい方と言えるので、虫たちからトウモロコシを守る方法を教えられると思います。
・種で植えると背が高く育ち、苗だと低めに育ちます。背が高過ぎると風で倒れやすくなるという欠点があります。
・木の高さを考えてから、苗、種のどちらで植えるか決めます。今回は、畝立てしてマルチをします。畝は幅80センチの畝を作ります。
トウモロコシは背が高いので、日当りを考えて一番北側に植えます。
・畝立て、マルチと前回同様の作業、みなさんだいぶ慣れてきたようですね。

虫のケアも忘れずに

・葉に付いたアブラムシや黄色いモンシロチョウの卵を取り除きます。アブラムシの天敵アブラバチ、マミーはそのままにしておきます。
・風が吹くことで、虫は地面に落ちてアリのエサになったり、雨で流されたりします。露地栽培だからできる自然任せのやり方もあります。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

トウモロコシを植えました!

こんにちは、ベジフレです!
さぁ、今週も活動の様子をはりきってアップしていきます!!

4/12(土)は、トウモロコシを植えました。
CIMG4561

品種は、世界一甘い!という「ピクニックコーン」。
「ミライという甘くて有名な品種がありますが、その上をいく甘さです。」と、小川さん。
甘いかわりにサイズは小ぶりなんだそう。どんな味なのか、今から楽しみですね(*^^)
PIC_1498

作業スタート!

【トウモロコシ】

①土を5~10cmくらい盛り上がるように盛り(=畝たて)、マルチをはっていきます。
風で飛ばないように、マルチの上に少し土を乗せるのがコツ!

②水分補給を忘れずに!
事務局で準備した麦茶。おいしそうに飲んでくれています(^O^)
CIMG4570

③苗を植え、水をあげて完了!
植えるときになるべく根を切らないよう、そっと持つのがコツ。
根が残っているほうが、発着が良いんだそうです。


こうやってまとめてみるとすぐに終わりそうだけど、実際にやってみると結構時間が経っているんですよね…
甘く実るように祈りつつ、作業終了となりました!

END

先週のほうれん草と小松菜の芽が出ていましたね!
種の殻をかぶっている姿が、なんだかかわいい^^

CIMG4541

今週はモンシロチョウやアゲハチョウ、ハサミムシなども姿を現しました!
えっ虫!!? 葉っぱが食べられちゃったりするんじゃないの・・・?

CIMG4592

早速小川さんに聞いてみたら、
「葉が少しくらい食べられても、生長点さえ無事であればOKなんです。」

ん?セイチョウテン???
・・・わからなかったので、ベジフレ、調べてみました!

goo辞書によると、
「植物の根や茎の先端にあって細胞分裂を行う部分。1ないし数個の細胞からなる。」
うーん。。なるほど。つまり、細胞分裂が盛んな部分ってこと?

wikipediaも見てみると、
「根端分裂組織(こんたんぶんれつそしき、Root apical meristems)は、植物の根や茎の先端部にあり、特に細胞分裂の盛んな部分である。分裂組織の細胞からなり、根の先端付近で次々に新しい細胞を作り出している。」

完全に生物の世界・・・(゜□゜)
でも、細胞分裂の盛んな部分は、根っこや茎の先の方にあるっぽいことはなんとなーくわかった!
その部分だけでも無事なら、作物が完全にやられてしまうことはなさそうですね。
次回、小川さんにもう一度よーく聞いてみようっと・・・

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。