野菜種類別のアーカイブ: ナス

さらばトウモロコシ

あまくておいしい我らがスイートコーンも、ちょっと旬を過ぎてしまいました。
まだ食べられるものもありますが、皮をむいてみると、少しシワシワになっているのがわかります。

・・・ということで、大変名残惜しいのですが、前回の土曜日にばっさり処分しました。

CIMG8984

トウモロコシの茎の部分は、ナスやオクラの支柱に使います!
CIMG8986

帰り際、トマトにカメムシ(?)がいました。
カメムシなら、きっと害虫だけど・・・なんだろう?
今度、小川さんに確認しなきゃ!!

CIMG8996

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ホウレンソウの収穫とカブの間引き

こんにちは、ベジフレです。
今日も先週に続き暖かく作業しやすい日でした!
さすがに今週は裏起毛のパーカーは着てきませんでした(^^;)

さて、ホウレンソウの収穫が始まりました。
区画によってはまだのところもありますが、大きくなってきたらどんどん収穫しちゃいましょう!
収穫しおわった場所にまた種を植えますが、今の時期にまけば12月には大きくなってまた収穫できるそうですよ。

ホウレンソウ初ゲット!

【ホウレンソウの収穫方法】

根本をハサミの先で探りながら、1株分と思われるところを土の中で切ります。

根元をほじほじ・・・
根元をほじほじ・・・

収穫完了!
手前の短くて細い(1本だけしゅるっと出ているの、わかります???)葉っぱはおいしくないので取り除きます。

こーんな感じ!
こーんな感じ!

春にはうまく育たなかったホウレンソウ。秋の今、ようやく初の収穫を迎えることができました!
春菊も収穫できます。ナスのように剪定しながら育てていくとのことですが、その方法はまたの機会に・・・

【カブの間引き方】

カブの根元をよ~くみて、1株(カブ、だけに!)にします。
このまま育てると、実の白い部分がからまってしまうんだそう。

カブの根元
カブの根元

こんな感じでからまりをほどくイメージで、狙いを定めます。

からまりをほどくように・・・
からまりをほどくように・・・

そして、抜きます。

抜きます!
抜きます!

間引いた後のカブは、葉っぱをおひたしにするとGOOD!

間引き後のカブ
間引き後のカブ

ニンジンも収穫できますよ~!間引きながら様子をみて、葉の部分もおいしくいただきましょう^^

ニンジンも!
ニンジンも!
ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

カブを植えました!

こんにちは!ベジフレです。
1枚目の写真は、虫のワンダーランド。
キアゲハの幼虫がニンジンについていますよ~よくみて退治!!

虫ワールド
虫ワールド

さて、今日はカブを植えました。
オクラとモロヘイヤがあったところを耕して、マルチ(穴の多いほう)を敷きます!

カブまきシーン
カブまきシーン

防虫ネットをかぶせて、(端はちょっと長いけど、折りこんで入れます)できあがり!

カブにも防虫ネットをかぶせます
カブにも防虫ネットをかぶせます

防虫ネットの中に虫がいる区画も。
できるだけネットの中に虫は入れないようにしましょう!

ネットの中の虫は、逃がしましょう
ネットの中の虫は、逃がしましょう

ナスがあるところにコマツナを植える予定です。
もうナスを終わりにしても良いかな、と思ったら、カブと同じ穴の多いマルチをはって、5粒ずつまきましょう。
(あとから2株程度、間引きます)
ちなみにコマツナは10月末までまけます!

講習会終了後の「野菜講座」も、大好評で終了しました!
IPM(総合的病害虫管理)などの普段はなかなか聞けない話や、
テントウムシ事件、イチゴ大失敗の巻・・・など、爆笑の渦の一幕も。
野菜講座2(鋭意企画中・・・)にもどうぞご期待ください!

講座の1シーン
講座の1シーン

【10月6日追記】

PIC_2287

 

キャベツ、ブロッコリー、白菜の葉が食べられていたら、このヨトウムシに注意です。シロイチモンジヨトウガの幼虫で、夏のヨトウムシほど大量発生はしませんが、葉の裏にいて発見しにくいので、食べられたばかりの葉(食べられて時間の経った穴は、穴の部分が黄緑に変色していますが、食べたては緑のままなので、そこを重点的に調べましょう。)

PIC_2297

ニンジンの大敵はキアゲハの幼虫ですが、メイガの幼虫も発生しています。トウモロコシのときのように芯にもぐりこんでニンジンを食べてしまうので、早期発見、退治しましょう。

PIC_2294

 

メイガの幼虫を発見するのは、なんかニンジンの葉が元気ないなぁというものの根元に数の子のような黄~オレンジの食べかすを見つけます。こうなるとこのニンジンは芯まで食べられている可能性が大きいので掘り出して引きずり出すしか駆除できません・・・。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

夏野菜メニューの参考に!【会員投稿】

こんにちは!ベジフレです~。
今日は会員のみなさまから寄せられたお料理写真を紹介しますね!
どれもこれも美味しそうで、よだれがでちゃいます~!

私が気になったのは、キュウリのキューちゃん!
漬物のイメージがあったのですが、これ、キュウリをタレで煮るんですね。
事務局でも早速つくってみたら、思いのほか大成功。
とれすぎキュウリの保存にぜひ!

それから、お好み焼き風パスタ。
キャベツ活躍メニューとのことです!焼きそばのイメージに近いのか・・・??
気になります。

そして、オクラとニンジンの豆腐ツナサラダ。
さっぱり美味しそう!

今度作ってみたいのは、トマト麻婆かな^^
トマト麻婆”茄子”でもイケそう!
もうネーミングが、トマトなのかナスなのかわからないですね・・

写真をお送りくださったみなさま、ありがとうございます♪
引き続き募集していますので、どしどしお送りくださいね!!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

うーん。シュールです。【会員投稿】

会員の皆さんからお寄せいただいた、ベジフレ野菜を使った料理や、面白いネタをご紹介します。

【ナスアート】

畑で採れた変わった形のナス。こんな風にしてしまったとのことです。

うーん。シュールなアートですねぇ。

IMAG0528-1

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

気がつけば ナスもオクラも 虫のえさ

雨が心配された19日も無事講習会を実施しました。

むしろ、暑過ぎずに作業には適していたかもしれません。

夏野菜収穫後に肥料を入れて数週間経ちましたので、いよいよ次回から秋・冬野菜の植え付け作業の方に取り掛かります。

第一弾は「ニンジン」です。「ニンジン」は発芽までがポイントとのこと。さあ、どうなるか楽しみですね。

さて、今回も前回に引き続き夏野菜の管理・収穫です。

・トマトはどこまで伸ばす?

トマトはぐんぐん生長して、今では大人の背丈を越えるほどになっているものもあります。このトマトどうすればいいかというと・・・。

DSC_0236_R

DSC_0239_R

伸びたところをひねりながら横へ倒します。トマトはひねりに強いので、ピキっという音がするまで曲げてやりますが、無理に曲げすぎて、パキっと折れないようにしましょう。

幹が縦に割れる分には問題ありません。

こうして下に伸ばしてやることで、これからもどんどん収穫できます。

キュウリも同様にします。

・オクラにも害虫の影が!

これまで順調な成長と収穫をしているオクラですが、なんと葉に虫食い跡が!これはいったい何なのでしょう?

DSC_0229_R

 

この葉をくるっと巻き込んでいるもの。それはワタノメイガの幼虫です。今回は既に姿をくらましていて蜘蛛の巣状の白い糸とフンだけが。

彼らの仲間でフキノメイガというものもいて、ワタノメイガのように茎に穴を開けて進入して被害を出すやつもいますので、茎に穴が開いていたら要注意です。トウモロコシのときのように茎を割いて駆除しましょう。

DSC_0230_R

これはマメコガネ。コガネムシの一種でキラキラの緑なのですが、葉を食べるコガネムシ。1、2匹ならいいのですが、たくさんになるとやはりNG。排除してください。

さて、このオクラですが、毎週のように背丈が伸びて、今では大きいものでは大人の胸の高さくらいあります。小川さん曰く、品種にもよりますが、3メートルくらいまで延びるものもあるとか?!収穫できないじゃないですかっ!

ですので、実を採ったらその下の葉を落とし、ヒョロヒョロに上に伸びないように世話をして、節を短く成長させることが大事なんですね。

・悪役テントウムシ

ナスの葉にも虫食い跡が出始めてきました。

DSC_0242_R

 

これはニジュウヤホシテントウの幼虫です。白っぽくてナナホシテントウの幼虫ほどグロテスクではないのですが、葉の裏に付いて葉を食べちゃいます。

DSC_0248_R

こちらがニジュヤホシテントウの成虫。成虫になっても葉を食べます。

テントウムシはテカテカ系は益虫、くすんでいるのは害虫というようなひとつの見分け方もあるとか。

ニジュウヤホシは駆除しておきます。

ナスにはノミハムシという2mmくらいの小さくて黒い甲虫が付くこともあります。ノミというくらいで、小さくてすばやい動きをします。これも見つけたらやっつけてください。

DSC_0245_R

 

ナスの葉についていたメンガタスズメというガの幼虫です。蛍光色&キラキラのラインできれいな色をしていますが、ナスの葉を食べる害虫ですのでやはり駆除しましょう。結構大きくてビックリしますよ。

・パトロール隊ハラビロカマキリ

DSC_0227_R

 

カマキリは基本的に畑のハンターですので、かわいがってあげましょう。これはハラビロカマキリといって小さめですが、すばしっこく獲物を追って移動する種類です。

 

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

とれすぎた野菜、みなさんどうしてますか?

こんにちは!ベジフレです。
連日の暑さで、バテてしまいそうです~。

ここ数週間、毎日何かしら収穫があるので畑に行くのが楽しいですね♪
ベジフレも気が付いたら毎日行ってる感じなのですが、特にナスが次々と実っていきます。

事務局ではナスの天日干しに挑戦中。

天日干し中
天日干し中

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ジャガイモ、大量!

こんにちは!ベジフレです。

今日はジャガイモが収穫できました!

まさに芋づる式!
まさに芋づる式!

トウモロコシは収穫を終えます。
根本から鎌で切り、その場に横たえておきます。
枯らしてから処理します。

根本からちょんぎります
根本からちょんぎります

【ナスがやられました!】
タバコガの幼虫に食べられてしまいました(泣)
でもがっかりしないでくださいね!
1匹捕まえれば、10個分くらいの実が助かるんですって。

タバコガにやられました
タバコガにやられました

トマトにも出現中!
見つけたら即、つかまえてくださいね。

【クリックで動画スタート】

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

トウモロコシ、食べごろ!

ちょうどとりごろ!
ちょうどとりごろ!

みなさんこんにちは。ベジフレです。
今週の目玉は、トウモロコシの収穫!

なんとこれ、生でも食べられるんですって。
そんなお話を聞き、みんなでその場でかじってみました。

味はどうかな?
味はどうかな?

シャリっ・・・

シャリシャリっ・・・

「うそーっ!甘い!!」
「火通さなくても全然いける!!」

果物のような甘さと歯ごたえに、私もびっくりしちゃいました。
トウモロコシを生で食べたのなんて初めて!

世界一甘い、という小川さんおすすめの品種「ピクニックコーン」。
土曜日来られなかった方も、是非味わってみてくださいね!

ちなみに、アワノメイガに食べられてしまったものを資料画像として
載せておきます。ひえ~っ・・・

アワノメイガにやられてしまったもの
アワノメイガにやられてしまったもの

今週の「おしまい」もの
・エダマメ
・インゲン

この2つは、今週で収穫を終えましょう。
根ごと抜いて、マルチもはがしてしまいます。

エダマメ・インゲンは今週で終了
エダマメ・インゲンは今週で終了
実がパンパン!
実がパンパン!

オクラも収穫開始!
オクラは、お花も食べられます。小川さんのオススメは素揚げ!

オクラも収穫開始!
オクラも収穫開始!

オクラの花も食べられます!
オクラの花も食べられます!

じゃがいもも収穫開始!

じゃがいもとり
じゃがいもとり

じゃがいもの葉が黄色くなってきたら、ちょっとさぐってみましょう。
あせって掘る必要はありませんが、放置のしすぎは禁物!
掘ってから冷蔵庫に入れておけば、来春まで保存可能です。

掘るとこんな感じ!
掘るとこんな感じ!

益虫!キイロテントウ

【益虫】黄色テントウ
【益虫】黄色テントウ

ズッキーニなどのウリ科植物にくる、黄色いテントウ。
葉が白くなってしまう「うどん粉病」は有名ですが、
その白いものの正体はカビ。このカビを食べてくれるのがこのキイロテントウ
なんだそうです!

みかけたらそっとしておいてあげてくださいね(^^)

トウモロコシをはじめ、ナスやトマト、モロヘイヤ、オクラは、どんどん収穫
しましょう!!
ズッキーニは風に弱く、台風が来るとやられてしまう可能性大だそうです。
8号が来る前に、思う存分収穫しておかなくちゃ(;一_一)

【クリックで動画スタート】
前回の補足をそれぞれの野菜ごとに説明します。

トウモロコシ

ジャガイモ

ズッキーニ

オクラ

モロヘイヤ

ナス

トマト

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

来季の土づくりもスタート!

こんにちは!ベジフレです。
先週の土曜日は、太陽が出ていなかったのでとても作業が快適でしたね。
いつもこうだったらなぁ(- -;)

さて、収穫の時期を迎えたばかりですが、秋冬野菜の仕込みもスタート!
土は肥料を加えてから1か月は寝かせる必要があるそうで、今土づくりをしても
植えられるのが早くて7月末。

ちなみに肥料を加えてすぐに植えてしまうと、虫が寄ってきてしまったり、発酵して
根が枯れてしまったりするそう!知らなかった~・・・

さらに、今回は栄養として肥料を加えるのではなく、土の
pH(ペーハー:酸性かアルカリ性かの指標のひとつ)を変えるために
入れるんですって。
ホウレンソウが不作だったのは、土壌が酸性に寄っていたせいとのこと。

トラクターで耕すという方法もありますが、それだと表面たったの20cmしか
耕せないそうです!「手作業のほうが断然良いです」と小川さん。

作業スタート!

「キャベツ・ブロッコリー」「ホウレンソウ・コマツナ」の2レーンに対して、
肥料1㎏(バケツ10分の1くらい)を、スコップを使ってすきこんで(=混ぜこんで)
いきます。

スコップで肥料を混ぜます!
スコップで肥料を混ぜます!

すきこみが終わったら、1か月寝かせましょう!

【収穫のポイント】
※どの野菜も、大きいものからどんどん収穫していきます!

●トウモロコシ
ピクニックコーンという品種で、皮がやわらかく実をポロポロほぐしながらというよりは
ガリガリ食べるタイプのトウモロコシ。
皮がやわらかいので、収穫時期を逃すと皮から水分が逃げてしまいます!
穂が茶色くなっていて、にぎって曲線や実のつき具合を感じるようであれば、
思い切って収穫してしまいましょう。

収穫の目安は茶色の穂!
収穫の目安は茶色の穂!

もうそろそろカラスが来るので、カラスよけのヒモを張りました。
作業中はひっかからないように注意!!

●ジャガイモ
葉が黄色くなってきたら収穫のタイミング。
まだもう少し先です。

●モロヘイヤ
上に大きくしては収穫して背を低く戻す、という風に摘み取っていきます。
目安は、茎を折ってみて繊維がある部分はまだ。
ポキっと気持ちよく折れる部分から上は食べごろ!

●オクラ
小さいうちに収穫したほうがやわらかく、おいしく食べられます。
まだ実をつけている区画はなさそうでした。

●ナス
剪定は基本的には実を収穫した時に。
主枝は実がついても剪定しなくてOK。主枝以外のところについた実は
そこを収穫したら枝ごと切ってしまいます。

●トマト
茎が太くなって割れてしまっているものがあります。
これは「メガネ」と呼ばれるもので、実がつかない可能性が
あるとのこと。
コツは、体(茎・葉など含む全体)を小さく育て、養分のムダ使いを
極力少なくすること。

●インゲン
若いうちに収穫することをオススメします!
実がパンパンに入ってしまうと、ちょっと固い食感になります。
でも、これも煮込み料理にすると美味しくいただけます!

●エダマメ
もう収穫してOK!
葉が黄色くなってくると穫り遅れ、大豆への道を歩んでいます。
食べごろは「葉ミドリ、実パンパン」。

雨の日も多くなっていますが、合間を見てどんどん収穫に来てくださいね!!

【クリックで動画スタート】
まずは、収穫後の土作りのお話から。

実際にやってみます。

ピクニックコーンの収穫タイミング。

ジャガイモ・キュウリ・ズッキーニ・モロヘイヤ・ズッキーニの収穫タイミング。

難関!ナスの剪定。

トマト・インゲン・枝豆。トマトは一度乱れると修正が難しいんですね。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。