野菜種類別のアーカイブ: インゲン

トウモロコシ、食べごろ!

ちょうどとりごろ!
ちょうどとりごろ!

みなさんこんにちは。ベジフレです。
今週の目玉は、トウモロコシの収穫!

なんとこれ、生でも食べられるんですって。
そんなお話を聞き、みんなでその場でかじってみました。

味はどうかな?
味はどうかな?

シャリっ・・・

シャリシャリっ・・・

「うそーっ!甘い!!」
「火通さなくても全然いける!!」

果物のような甘さと歯ごたえに、私もびっくりしちゃいました。
トウモロコシを生で食べたのなんて初めて!

世界一甘い、という小川さんおすすめの品種「ピクニックコーン」。
土曜日来られなかった方も、是非味わってみてくださいね!

ちなみに、アワノメイガに食べられてしまったものを資料画像として
載せておきます。ひえ~っ・・・

アワノメイガにやられてしまったもの
アワノメイガにやられてしまったもの

今週の「おしまい」もの
・エダマメ
・インゲン

この2つは、今週で収穫を終えましょう。
根ごと抜いて、マルチもはがしてしまいます。

エダマメ・インゲンは今週で終了
エダマメ・インゲンは今週で終了
実がパンパン!
実がパンパン!

オクラも収穫開始!
オクラは、お花も食べられます。小川さんのオススメは素揚げ!

オクラも収穫開始!
オクラも収穫開始!

オクラの花も食べられます!
オクラの花も食べられます!

じゃがいもも収穫開始!

じゃがいもとり
じゃがいもとり

じゃがいもの葉が黄色くなってきたら、ちょっとさぐってみましょう。
あせって掘る必要はありませんが、放置のしすぎは禁物!
掘ってから冷蔵庫に入れておけば、来春まで保存可能です。

掘るとこんな感じ!
掘るとこんな感じ!

益虫!キイロテントウ

【益虫】黄色テントウ
【益虫】黄色テントウ

ズッキーニなどのウリ科植物にくる、黄色いテントウ。
葉が白くなってしまう「うどん粉病」は有名ですが、
その白いものの正体はカビ。このカビを食べてくれるのがこのキイロテントウ
なんだそうです!

みかけたらそっとしておいてあげてくださいね(^^)

トウモロコシをはじめ、ナスやトマト、モロヘイヤ、オクラは、どんどん収穫
しましょう!!
ズッキーニは風に弱く、台風が来るとやられてしまう可能性大だそうです。
8号が来る前に、思う存分収穫しておかなくちゃ(;一_一)

【クリックで動画スタート】
前回の補足をそれぞれの野菜ごとに説明します。

トウモロコシ

ジャガイモ

ズッキーニ

オクラ

モロヘイヤ

ナス

トマト

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

来季の土づくりもスタート!

こんにちは!ベジフレです。
先週の土曜日は、太陽が出ていなかったのでとても作業が快適でしたね。
いつもこうだったらなぁ(- -;)

さて、収穫の時期を迎えたばかりですが、秋冬野菜の仕込みもスタート!
土は肥料を加えてから1か月は寝かせる必要があるそうで、今土づくりをしても
植えられるのが早くて7月末。

ちなみに肥料を加えてすぐに植えてしまうと、虫が寄ってきてしまったり、発酵して
根が枯れてしまったりするそう!知らなかった~・・・

さらに、今回は栄養として肥料を加えるのではなく、土の
pH(ペーハー:酸性かアルカリ性かの指標のひとつ)を変えるために
入れるんですって。
ホウレンソウが不作だったのは、土壌が酸性に寄っていたせいとのこと。

トラクターで耕すという方法もありますが、それだと表面たったの20cmしか
耕せないそうです!「手作業のほうが断然良いです」と小川さん。

作業スタート!

「キャベツ・ブロッコリー」「ホウレンソウ・コマツナ」の2レーンに対して、
肥料1㎏(バケツ10分の1くらい)を、スコップを使ってすきこんで(=混ぜこんで)
いきます。

スコップで肥料を混ぜます!
スコップで肥料を混ぜます!

すきこみが終わったら、1か月寝かせましょう!

【収穫のポイント】
※どの野菜も、大きいものからどんどん収穫していきます!

●トウモロコシ
ピクニックコーンという品種で、皮がやわらかく実をポロポロほぐしながらというよりは
ガリガリ食べるタイプのトウモロコシ。
皮がやわらかいので、収穫時期を逃すと皮から水分が逃げてしまいます!
穂が茶色くなっていて、にぎって曲線や実のつき具合を感じるようであれば、
思い切って収穫してしまいましょう。

収穫の目安は茶色の穂!
収穫の目安は茶色の穂!

もうそろそろカラスが来るので、カラスよけのヒモを張りました。
作業中はひっかからないように注意!!

●ジャガイモ
葉が黄色くなってきたら収穫のタイミング。
まだもう少し先です。

●モロヘイヤ
上に大きくしては収穫して背を低く戻す、という風に摘み取っていきます。
目安は、茎を折ってみて繊維がある部分はまだ。
ポキっと気持ちよく折れる部分から上は食べごろ!

●オクラ
小さいうちに収穫したほうがやわらかく、おいしく食べられます。
まだ実をつけている区画はなさそうでした。

●ナス
剪定は基本的には実を収穫した時に。
主枝は実がついても剪定しなくてOK。主枝以外のところについた実は
そこを収穫したら枝ごと切ってしまいます。

●トマト
茎が太くなって割れてしまっているものがあります。
これは「メガネ」と呼ばれるもので、実がつかない可能性が
あるとのこと。
コツは、体(茎・葉など含む全体)を小さく育て、養分のムダ使いを
極力少なくすること。

●インゲン
若いうちに収穫することをオススメします!
実がパンパンに入ってしまうと、ちょっと固い食感になります。
でも、これも煮込み料理にすると美味しくいただけます!

●エダマメ
もう収穫してOK!
葉が黄色くなってくると穫り遅れ、大豆への道を歩んでいます。
食べごろは「葉ミドリ、実パンパン」。

雨の日も多くなっていますが、合間を見てどんどん収穫に来てくださいね!!

【クリックで動画スタート】
まずは、収穫後の土作りのお話から。

実際にやってみます。

ピクニックコーンの収穫タイミング。

ジャガイモ・キュウリ・ズッキーニ・モロヘイヤ・ズッキーニの収穫タイミング。

難関!ナスの剪定。

トマト・インゲン・枝豆。トマトは一度乱れると修正が難しいんですね。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

いよいよ収穫の季節!

こんにちは、ベジフレです!
さて、いよいよベジフレ畑も収穫の季節を迎えました。
キャベツ・ブロッコリー・コマツナに加え、今週はインゲン・トマト・ズッキーニ・キュウリも収穫できました!

「収穫の目安」の一覧を作りましたので、参考にしてみてくださいネ。
農機具入れの横にはっておきます!

参考にしてみてくださいね!
参考にしてみてくださいね!

今週の目玉は、「アワノメイガ」の退治。
トウモロコシの茎の中に潜んでいます。泡のようなものがあったら要注意!
穴があいていることを確認したら、茎を縦に裂いて幼虫をひっぱりだします。

泡がでているところをよくみると・・・
泡がでているところをよくみると・・・

写真はちょっとピンとが合っていませんが、こんな感じの幼虫が中にいるハズ!
サイズ感だけでもお伝えしたくて、あえてUPします。

ちょっとボケてしまっていますが、これが幼虫!
ちょっとボケてしまっていますが、これが幼虫!

管理作業は「トマト・キュウリの支柱くくり」「ナスの剪定」の2つです!
トマトとキュウリは、どんどん上へ伸ばしましょう。
ナスの剪定はルールがあります(プロでも難しいらしいです…)。「ベジフレ通信」に詳しく乗せていますので、参考にしてみてくださいネ!

トマト・キュウリはどんどん上へのばしましょう
トマト・キュウリはどんどん上へのばしましょう
ナスの剪定も怖がらずにやってみましょう
ナスの剪定も怖がらずにやってみましょう

キャベツ・ブロッコリーは、そろそろ収穫終了です。
土曜日来られなかった方は、次回農園に行った時に丸ごととってしまいましょう!

丸ごととってしまいましょう
丸ごととってしまいましょう

コマツナ・キャベツも同様、収穫終了、丸ごととります。

こちらも、丸ごととってしまいます。
こちらも、丸ごととってしまいます。

収穫が終了したエリアから、秋冬野菜に向けての土づくりを始めます!
次のラインナップも楽しみです。

【講習の様子を動画でチェック】

今回は一区画分の野菜をトウモロコシから枝豆まで、一つ一つ小川さんが収穫や手入れについて解説。
1)トウモロコシ

2)ジャガイモ・ブロッコリー・キャベツ

3)キュウリ・ズッキーニ

4)コマツナ・ホウレンソウ

5)モロヘイヤ・オクラ

6)ナス

7)トマト・インゲン・枝豆

※お詫び
30分ほぼノーカットで一気に説明!でアップロードしましたが、youtubeサイトで「動画が長すぎる」ということで、拒否されてしまっていました。申し訳ございません。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

インゲン 収穫時期が来ています!

ついこの間まで、姿も見えなかったインゲン。

あっという間に成長して、食べごろになっていますヨ。

ここはちょっと育ちすぎて、インゲンがジャングル化してますネ。皆さん土曜日まで待っていると、食べごろを逃してしまうかも!?

IMG00654

IMG00656

 

枝豆もそろそろでしょうか・・・。

IMG00653

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

【動画】枝豆・いんげんを植えよう

クリックで動画をスタート


作物の実がなるまでは、あとちょっと。頑張って植えましょう。

まずはともあれマルチ!

今日は枝豆の苗とインゲンの種を植えます。場所は一番南側に植えます。

80センチ幅の畝を作ってマルチをはります。
畝の高さは、高すぎず低すぎず、10センチくらいの高さが適当です。
畝が高過ぎると、横に根を張る植物はそれ以上根を張れなくなってしまいます。

畝を作って少し高くしてやらないと、水が貯まって作物が枯れてしまいます。というわけで、マルチを張る張らないにかかわらず、畝は作ります

枝豆の植え方

・今回植えるのはサッポロミドリという品種。色が黄緑で最近あまり作られていない品種、それでも美味しい
・今回は苗で植えます。
・間隔15センチのマルチ穴に一株ずつ植える。
・深さは、まめっ葉のあたりを目安に。
深さが浅すぎると、風で倒れたり折れたりするので、しっかりと。

インゲンの植え方

・今回植えるのは、さつきみどりという品種。古い名前ですが、食べるととてもおいしい品種。
穴4カ所に種を2粒ずつ植えます。種は苗と違い発芽しないリスクがあるので、少し多めに植える
・種を植える深さは、大体種の3倍を目安に
インゲンは間が30センチ以上離れていれば良いので、大体の目安で穴に種を植えてください。

恒例の虫コーナー

・ぼちぼち青虫が出てきました。青虫は大食漢なので、がんばって取りましょう。
・でも、モンシロチョウの幼虫はおバカさん、葉っぱの上に堂々としているのですぐ分かります

小川幸夫

この記事を書いた人: 小川幸夫

東京から車で約1時間、 千葉県柏市の郊外、ゆっくりとした時間が流れる場所に小川さんの農園はありました。 江戸時代以前からこの土地に移り 住み、何代にも渡り農業を営んできた小川農園。 地元の土質を活かす事と、いろいろな虫や微生物が住める環境づくりで美味しい野菜を育てています 。 小川さんの畑の重要なポイントは二つ! 様々な生き物が住める環境。 栄養を与え過ぎない。 「このあたりの土質は火山灰土がおおく土地がやせているため 、 いろいろな種類の野菜を作るのに適しています 。 様々な野菜があると、様々な虫が住むようになり、全体がつながった生態になります。」 虫も野菜も元気に育つ事ができる畑!それが小川さんの農園です!