野菜種類別のアーカイブ: コマツナ

虫アタック!!!

こんにちは、ベジフレです!
今週も晴れました~。農園では虫アタックの嵐です!!!!

<ゾウムシアタック。>

↓ハクサイ
12240120_944650228962282_1578959262822699391_n

こいつがヤサイゾウムシだ!
12241298_944650292295609_243765011250097198_n

<アオムシアタック。>

↓小松菜
12227135_944652872295351_4781288283010186654_n

かなりむしゃむしゃ食べられています・・・

<そして、ネキリアタ~ック!>

↓ホウレンソウ
12243146_944653205628651_2828248681743501677_n

ぎゃぁぁ・・・ホウレンソウ、頑張って!

虫との戦いはまだまだ続きそうです。

さて気をとりなおして、今回の収穫物!

ブロッコリー(スティックセニョール)!
12234918_944651692295469_571389654680262287_n

セニョールじゃないブロッコリー。
12235000_944651735628798_4590527809146518712_n

ニンジン!
12234953_944651188962186_2339278322898387682_n

ミズナたち!
12278823_944650502295588_2138424739969366079_n

だんだんと収穫シーズンを迎えています^^
この連休、ぜひ畑へ足を運んでみてくださいね!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

間引き祭!

こんにちは!ベジフレです。

今週のベジフレはまさに間引き祭!!!
間引きとは思えない立派なサイズのニンジンと、女性に大人気!見た目がカワイイ~♪カブを収穫しました。

12212100_767174903392928_486470537_n

じゃーん。
12202408_767174743392944_36046009_n

じゃ~ん!
12205103_767174800059605_1879123143_n

じゃじゃ~ん!!
12208197_767174720059613_345003188_n

ばーん!!!!
12226437_767174736726278_2066505591_n

収穫、楽しい~(*´д`*)

 

そして思わず、その場でパクリ。
12204875_767174956726256_749782289_n

私もいただきましたが、甘くておいしい!

さて、今週の注意点です。

①ブロッコリー
先週から、小川さん曰く「キテる!」という、
スティックセニョールの花芽。

このくらいのものが、一週間たつと・・・
12205102_767076693402749_94451756_n

こんなに大きくなります。意外と生長がはやいんですね!!(゚Д゚;)
12226453_767076953402723_1889539021_n

②コマツナ
大きいものから1茎ずつ収穫して、小さいものを育てます!
株ごと抜くとすぐ終わっちゃいますので、長く楽しみましょう^^
12202235_767075570069528_621952328_n

③害虫たち

モンシロチョウの幼虫。葉にまだまだいます。
12202567_767073530069732_1664737958_n

シロイチモンジヨトウの幼虫。存在感ありますね!!
12202321_767074326736319_1456539901_n

気温が下がってきました。
もうお鍋がおいしい季節ですね!
他の野菜も収穫が待ち遠しいです♪

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ブロッコリーの花芽が、きてる!

こんにちは!ベジフレです。

今週の土曜日は、さぁ始めるぞ~と思った瞬間に雨が降ってきました。
誰が雨雲連れてきたのかなぁ~(ーー;)えっ私?違いますよ!!

12200436_764608416982910_1078272745_n

さて、ベジフレでは今、虫との戦い(秋冬版)の真っ最中。
虫にやられたところは、根気強く種をまきなおします。
農機具入れに種が置いてあるので、欠株のところには積極的にまきまきしてくださいね!

12170684_844397249006698_843406998_n

そのほか・・・

【コマツナ】
コマツナは間引きで収穫しながら育てます!

【ミズナ】
ミズナは植え替えがききます。
種でまくと虫にやられやすいので、すでにでているものを分けて、苗で植えると良いです!

ブロッコリー(種類:スティックセニョール)は花芽がキテます!
食べられる部分が育ってきてるってことですね。

12204709_764611560315929_914600773_n

脇芽も食べられるので、収穫時期を逃さないようにコマメにチェックしましょう^^

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

霜にあたれば美味しくなる!

こんにちは。今日はあいにくのお天気でしたが、雨は本降りになる前に講習会を終えることができました。

さて、本日のトピックは・・・。

まずは白菜!

いまひとつ分かっているようで、分かっていなかった白菜の収穫のタイミング。

CIMG6706

これは中心の葉が内側に巻いているので、まだです。

CIMG6708

 

こちらは中心で一度巻いた葉が、今度は外側に開いていますね。

こうなってからが収穫どきです。この状態から1週間の間に収穫するとよいそうですよ。

続いてコマツナ。

CIMG6711

外側の葉が黄色くなってしまっているものがありますねぇ。

これはどういうことでしょう?

霜にあたるとこのように変色することがあります。しかし、この時期の作物は霜にあたることで旨味を増します。つまり、変色した葉は犠牲になっても全体としては、美味しくなっているということです。

ニンジンを見てみましょう。

CIMG6715

見事に紅葉していますね(笑)。でも、下の本体は大丈夫です。これからどんどん寒くなって地上の葉が枯れても地中のニンジンはしっかり甘みを増してくれます。

ただ、寝かしすぎて新しい芽が出始めてしまうと、今度は栄養を取られてしまうのでそれまでには収穫しましょうね。

ダイコンもだいぶ大きくなってきました。葉の色が変わってきているところがあれば、もう先が丸くなってきてますので、収穫時期です。

放っておくと、キャベツや白菜のように破裂してしまうので、要注意。

破裂しても食べられますが。。

最後に青虫、夜盗虫についてです。一時的に気温が上がったせいもあって、今週はキャベツ、白菜、ブロッコリーに大量にたかっていました。寒くなっていなくなってくれることを祈りたいですが、せっかくきれいに育てた方は、しつこい彼らをやっつけにきてくださいね。

午後からは「第3回食の交流会」を実施。

盛況の様子は後日レポートします!CIMG6721

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

カブを植えました!

こんにちは!ベジフレです。
1枚目の写真は、虫のワンダーランド。
キアゲハの幼虫がニンジンについていますよ~よくみて退治!!

虫ワールド
虫ワールド

さて、今日はカブを植えました。
オクラとモロヘイヤがあったところを耕して、マルチ(穴の多いほう)を敷きます!

カブまきシーン
カブまきシーン

防虫ネットをかぶせて、(端はちょっと長いけど、折りこんで入れます)できあがり!

カブにも防虫ネットをかぶせます
カブにも防虫ネットをかぶせます

防虫ネットの中に虫がいる区画も。
できるだけネットの中に虫は入れないようにしましょう!

ネットの中の虫は、逃がしましょう
ネットの中の虫は、逃がしましょう

ナスがあるところにコマツナを植える予定です。
もうナスを終わりにしても良いかな、と思ったら、カブと同じ穴の多いマルチをはって、5粒ずつまきましょう。
(あとから2株程度、間引きます)
ちなみにコマツナは10月末までまけます!

講習会終了後の「野菜講座」も、大好評で終了しました!
IPM(総合的病害虫管理)などの普段はなかなか聞けない話や、
テントウムシ事件、イチゴ大失敗の巻・・・など、爆笑の渦の一幕も。
野菜講座2(鋭意企画中・・・)にもどうぞご期待ください!

講座の1シーン
講座の1シーン

【10月6日追記】

PIC_2287

 

キャベツ、ブロッコリー、白菜の葉が食べられていたら、このヨトウムシに注意です。シロイチモンジヨトウガの幼虫で、夏のヨトウムシほど大量発生はしませんが、葉の裏にいて発見しにくいので、食べられたばかりの葉(食べられて時間の経った穴は、穴の部分が黄緑に変色していますが、食べたては緑のままなので、そこを重点的に調べましょう。)

PIC_2297

ニンジンの大敵はキアゲハの幼虫ですが、メイガの幼虫も発生しています。トウモロコシのときのように芯にもぐりこんでニンジンを食べてしまうので、早期発見、退治しましょう。

PIC_2294

 

メイガの幼虫を発見するのは、なんかニンジンの葉が元気ないなぁというものの根元に数の子のような黄~オレンジの食べかすを見つけます。こうなるとこのニンジンは芯まで食べられている可能性が大きいので掘り出して引きずり出すしか駆除できません・・・。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

来季の土づくりもスタート!

こんにちは!ベジフレです。
先週の土曜日は、太陽が出ていなかったのでとても作業が快適でしたね。
いつもこうだったらなぁ(- -;)

さて、収穫の時期を迎えたばかりですが、秋冬野菜の仕込みもスタート!
土は肥料を加えてから1か月は寝かせる必要があるそうで、今土づくりをしても
植えられるのが早くて7月末。

ちなみに肥料を加えてすぐに植えてしまうと、虫が寄ってきてしまったり、発酵して
根が枯れてしまったりするそう!知らなかった~・・・

さらに、今回は栄養として肥料を加えるのではなく、土の
pH(ペーハー:酸性かアルカリ性かの指標のひとつ)を変えるために
入れるんですって。
ホウレンソウが不作だったのは、土壌が酸性に寄っていたせいとのこと。

トラクターで耕すという方法もありますが、それだと表面たったの20cmしか
耕せないそうです!「手作業のほうが断然良いです」と小川さん。

作業スタート!

「キャベツ・ブロッコリー」「ホウレンソウ・コマツナ」の2レーンに対して、
肥料1㎏(バケツ10分の1くらい)を、スコップを使ってすきこんで(=混ぜこんで)
いきます。

スコップで肥料を混ぜます!
スコップで肥料を混ぜます!

すきこみが終わったら、1か月寝かせましょう!

【収穫のポイント】
※どの野菜も、大きいものからどんどん収穫していきます!

●トウモロコシ
ピクニックコーンという品種で、皮がやわらかく実をポロポロほぐしながらというよりは
ガリガリ食べるタイプのトウモロコシ。
皮がやわらかいので、収穫時期を逃すと皮から水分が逃げてしまいます!
穂が茶色くなっていて、にぎって曲線や実のつき具合を感じるようであれば、
思い切って収穫してしまいましょう。

収穫の目安は茶色の穂!
収穫の目安は茶色の穂!

もうそろそろカラスが来るので、カラスよけのヒモを張りました。
作業中はひっかからないように注意!!

●ジャガイモ
葉が黄色くなってきたら収穫のタイミング。
まだもう少し先です。

●モロヘイヤ
上に大きくしては収穫して背を低く戻す、という風に摘み取っていきます。
目安は、茎を折ってみて繊維がある部分はまだ。
ポキっと気持ちよく折れる部分から上は食べごろ!

●オクラ
小さいうちに収穫したほうがやわらかく、おいしく食べられます。
まだ実をつけている区画はなさそうでした。

●ナス
剪定は基本的には実を収穫した時に。
主枝は実がついても剪定しなくてOK。主枝以外のところについた実は
そこを収穫したら枝ごと切ってしまいます。

●トマト
茎が太くなって割れてしまっているものがあります。
これは「メガネ」と呼ばれるもので、実がつかない可能性が
あるとのこと。
コツは、体(茎・葉など含む全体)を小さく育て、養分のムダ使いを
極力少なくすること。

●インゲン
若いうちに収穫することをオススメします!
実がパンパンに入ってしまうと、ちょっと固い食感になります。
でも、これも煮込み料理にすると美味しくいただけます!

●エダマメ
もう収穫してOK!
葉が黄色くなってくると穫り遅れ、大豆への道を歩んでいます。
食べごろは「葉ミドリ、実パンパン」。

雨の日も多くなっていますが、合間を見てどんどん収穫に来てくださいね!!

【クリックで動画スタート】
まずは、収穫後の土作りのお話から。

実際にやってみます。

ピクニックコーンの収穫タイミング。

ジャガイモ・キュウリ・ズッキーニ・モロヘイヤ・ズッキーニの収穫タイミング。

難関!ナスの剪定。

トマト・インゲン・枝豆。トマトは一度乱れると修正が難しいんですね。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

いよいよ収穫の季節!

こんにちは、ベジフレです!
さて、いよいよベジフレ畑も収穫の季節を迎えました。
キャベツ・ブロッコリー・コマツナに加え、今週はインゲン・トマト・ズッキーニ・キュウリも収穫できました!

「収穫の目安」の一覧を作りましたので、参考にしてみてくださいネ。
農機具入れの横にはっておきます!

参考にしてみてくださいね!
参考にしてみてくださいね!

今週の目玉は、「アワノメイガ」の退治。
トウモロコシの茎の中に潜んでいます。泡のようなものがあったら要注意!
穴があいていることを確認したら、茎を縦に裂いて幼虫をひっぱりだします。

泡がでているところをよくみると・・・
泡がでているところをよくみると・・・

写真はちょっとピンとが合っていませんが、こんな感じの幼虫が中にいるハズ!
サイズ感だけでもお伝えしたくて、あえてUPします。

ちょっとボケてしまっていますが、これが幼虫!
ちょっとボケてしまっていますが、これが幼虫!

管理作業は「トマト・キュウリの支柱くくり」「ナスの剪定」の2つです!
トマトとキュウリは、どんどん上へ伸ばしましょう。
ナスの剪定はルールがあります(プロでも難しいらしいです…)。「ベジフレ通信」に詳しく乗せていますので、参考にしてみてくださいネ!

トマト・キュウリはどんどん上へのばしましょう
トマト・キュウリはどんどん上へのばしましょう
ナスの剪定も怖がらずにやってみましょう
ナスの剪定も怖がらずにやってみましょう

キャベツ・ブロッコリーは、そろそろ収穫終了です。
土曜日来られなかった方は、次回農園に行った時に丸ごととってしまいましょう!

丸ごととってしまいましょう
丸ごととってしまいましょう

コマツナ・キャベツも同様、収穫終了、丸ごととります。

こちらも、丸ごととってしまいます。
こちらも、丸ごととってしまいます。

収穫が終了したエリアから、秋冬野菜に向けての土づくりを始めます!
次のラインナップも楽しみです。

【講習の様子を動画でチェック】

今回は一区画分の野菜をトウモロコシから枝豆まで、一つ一つ小川さんが収穫や手入れについて解説。
1)トウモロコシ

2)ジャガイモ・ブロッコリー・キャベツ

3)キュウリ・ズッキーニ

4)コマツナ・ホウレンソウ

5)モロヘイヤ・オクラ

6)ナス

7)トマト・インゲン・枝豆

※お詫び
30分ほぼノーカットで一気に説明!でアップロードしましたが、youtubeサイトで「動画が長すぎる」ということで、拒否されてしまっていました。申し訳ございません。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

コマツナ・ブロッコリー収穫、トマト・じゃがいも・キュウリ・ホウレンソウの世話

こんにちは!ベジフレです。
昨日の作業は、日陰が恋し~い感じでした。
次回からはマイ水筒を持っていくことにしようかな。。

さて、今回はいよいよ野菜の収穫を開始しました!
写真はコマツナ。大きいものから収穫して、小さいものを残しておきます。

コマツナです!
コマツナです!

ブロッコリーは、ちょっと早いかな?くらいで収穫するのが美味しくいただくコツ。
花が咲いてしまうと、食感が悪くなってしまうそうですよ。
ハサミで思い切ってチョキンと切り取ります!

花が咲く前に収穫します!
花が咲く前に収穫します!

 

作業スタート!

 

【トマトの脇芽とり】
トマトの脇芽をとります。!
一番太い茎から分かれている花芽のついたものは、実がなるのでそのまま。
そうでないものを摘んでいきます。

例えば、こういうのです!
例えば、こういうのです!

【じゃがいもの土寄せ】
高さが地面から20cmくらいになるように、寄せます!

【キュウリの支柱たて】
キュウリの支柱をたてます。やり方はトマトと同じです!
写真は、まず長い支柱を4本たてたところ。
このあと、ナナメに2本差して完成です!おやすみだった方は、お隣の人のを
ちょっと見せてもらうと良いかもしれません。

まずは4本たてます。
まずは4本たてます。

【ホウレンソウの花摘み】
ホウレンソウの花は、取っちゃいます。
花がついてしまうと、それ以上生長しなくなってしまうんですって。

取っちゃいます!
取っちゃいます!

【おまけ2】
今回は、ヨトウムシやネキリムシも登場!
ちょっとかわいそうですが、害虫なので始末します。

害虫です
害虫です

モンシロチョウも、キャベツに卵を産むので(かえったらアオムシに。葉を食べます)つかまえてしまいます。

害虫にしてはかわいらしいですが・・・
害虫にしてはかわいらしいですが・・・

収穫がはじまり、これからがますます楽しみです!!
小学生チームより「キュウリがとれたら野菜スティックにして、みそマヨで食べるんだ」との声。
いいですね~!そして大人はエダマメとビール。夏はすぐそこですね。

【クリックで動画スタート】

気温の上昇とともに野菜もぐんぐん成長!コマツナ、ブロッコリーも収穫時期に。

一方で虫たちも成長、増殖中!後半のイモムシVTRは苦手な方は覚悟の閲覧を(9分20秒以降登場)。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。