野菜種類別のアーカイブ: ホウレンソウ

虫アタック!!!

こんにちは、ベジフレです!
今週も晴れました~。農園では虫アタックの嵐です!!!!

<ゾウムシアタック。>

↓ハクサイ
12240120_944650228962282_1578959262822699391_n

こいつがヤサイゾウムシだ!
12241298_944650292295609_243765011250097198_n

<アオムシアタック。>

↓小松菜
12227135_944652872295351_4781288283010186654_n

かなりむしゃむしゃ食べられています・・・

<そして、ネキリアタ~ック!>

↓ホウレンソウ
12243146_944653205628651_2828248681743501677_n

ぎゃぁぁ・・・ホウレンソウ、頑張って!

虫との戦いはまだまだ続きそうです。

さて気をとりなおして、今回の収穫物!

ブロッコリー(スティックセニョール)!
12234918_944651692295469_571389654680262287_n

セニョールじゃないブロッコリー。
12235000_944651735628798_4590527809146518712_n

ニンジン!
12234953_944651188962186_2339278322898387682_n

ミズナたち!
12278823_944650502295588_2138424739969366079_n

だんだんと収穫シーズンを迎えています^^
この連休、ぜひ畑へ足を運んでみてくださいね!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

秋雨寒畑のはずですが・・・。

今日はあいにくの雨。

e43f448a-f897-4fe9-bbd9-9184c8b5dd15

ということで、自由参加となりましたが、日々野菜は育っているので、今週末の畑の様子をレポートします。

まず11月の雨ということでさぞかし寒いかと思いきや、意外に気温も下がらず、この時期にしては少々温かい感じですね。

雨が少なかった10月に比べると今月は雨が多めで、ネキリムシにやられたホウレンソウのまき直し地帯でも、新しい芽が出てきていました。

気温が高めで雨が降れば、ホウレンソウなどの成長も期待できるのですが、本来寒い時期に甘味を増す冬野菜ですので、今収穫期を迎えているものには少々好ましくない天候かもしれません。

da389dfb-9cb1-4b9b-8b15-d17025bdaf72

ハクサイにはヤサイゾウムシの幼虫が入り込んでしまっているものがありました。成長が遅くて巻いていないものは、芯の方まで入り込んでしまっています。去年はいなかったのですが、今年は大量に発生しているようです。

丹念に駆除して野菜の成長力に期待しましょう。

一方で、もう十分収穫可能なハクサイもあります。キャベツと違い育ちすぎて割れることはないので、必要な分だけ持っていけますし、そのまま放置しても年を越せます。

cfc37919-7d48-47d0-acdc-7a48bbb1d31c

今年は数種類のキャベツを植えています。早くできるものは、もう食べごろになっていますので、小ぶりですが形ができているものは、天辺を軽く押してみて固くなってきているようなら収穫OKです。

b8c78519-3380-43ec-b2dd-69336ffc213e

0de93b58-8355-4b2b-b925-ec784aacada8

 

5361a81c-3f4a-447f-9e61-3a34a39eadf5

キャベツの夜盗虫を放置してしまうとこのとおり中まで食べつくされてしまいますね。ここまで大きくってしまっています。そろそろサナギになろうというところでしょうか?

12239562_1647817802153440_4267782767786193576_n

スティックセニョールはこんな感じで脇芽を収穫しましょう。(小川さんのFB写真から勝手に拝借)

暖かいとブロッコリーの花が咲いてしまうので、十分な大きさのものは早めに収穫しましょう。

 

霜が降りると美味しさが増す冬野菜。今年はもう少し辛抱が必要かもしれませんね。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ぶぶぶ、ブロッコリー!!

00123

畑は激しく乾燥~!朝の霜柱が日中も凍ったままの寒さです。

こんにちは。ベジフレです。

今日は講習会はありませんが、年内最後の収穫ということで、先ほど畑に行ってきましたぁ。

よーく見てみると、キャベツの表面がぐちゃっとしています!?寒すぎて腐ってしまっているよう。表面の一枚だけでしたので、早速ゲットしておきました。

ブロッコリーですが、やっと大人のこぶし大まで育ってくれていた一株を発見!!

ホウレンソウ、大根を採って本日の収穫終了~♪

では、皆さん良いお年を!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

2014年最後のベジフレ講習会!!

こんにちは。ベジフレです。

早いもので、2014年も残すところ後10日ほど。あっという間の農園ライフでしたね~。

さて、爆弾低気圧が発生して北海道などでは大変な風雪に見舞われたところもありました。この低気圧、海水温がまだ高いところに、この時期としては強い寒波が南下したことによるものだそうで、温暖化の過渡期の現象ともいわれています。昨年も関東地方は大雪が降ったように、極端な気象現象に気を許せないこの頃です。

ここ数日の極度の冷え込みは野菜たちにどんな影響を及ぼしたのでしょうか・・・。

まずは、春菊。

もともと寒さに弱いということで、トンネルを施したのですが、さすがに数日の冷え込みのせいで弱ってきています。うーん。これからの陽気にもよりますが、もしかしたら数日中に元気なところだけでも収穫しておいたほうが良いかもしれませんね。

もちろん、芯が生きていれば、また葉を茂らせてくれる可能性はありますが・・・。

ダイコン。

CIMG6880

葉がこの写真のようにシナッとなってきているようでしたら、早めの収穫がよいです。霜にあたってせっかく甘くなってきているのですが、さすがに極度の寒気には露出している部分が耐え切れずこのようになってしまっています。

寒気を防ぐには、この根の部分を土で埋めてしまうという方法や、一度抜いて土に埋めてしまうなどの方法もあります。寒冷地では、このまま葉ごと埋めてしまうところもあるくらい。土による防寒と保存ですね。

カブ。

CIMG6879

ベジフレのカブは寒さに抵抗性を持っているようで、元気!いい感じのものは収穫!たぶん1月ごろまではだいじょうV。

でも、アブラナ科は陽が長くなってくると花を咲かせようと中心から花芽があがってきます(トウダチというそうです)。そうすると芯がモクシツ化して木のように硬くなってしまうので、気をつけましょうね。

ニンジン。

葉が枯れてなくなってしまっても、土中で保存されますので大丈夫。でも、どこにあるか分からなくなる可能性もあります。しばらくすると芽を出してくるので、それを目安に採ることもできますが、芽が育ちすぎると今度はおいしくなくなりますのでタイミングを間違えないで。

ハクサイ。

CIMG6875

霜にあたると周りの葉がぐでっとなってしまいます。まだ収穫しないものは紐を使って保温できるように、周りの葉をまとめましょう。

CIMG6876

ブロッコリー。

CIMG6871

お待ちかねのブロッコリーです。やっと食べられそうになってきました。

収穫するときは、10センチくらい下を切ってあげます。そのとき脇目を残すようにしておくと、その後ワンランク下のサイズのブロッコリーが数個採れます。そのミニブロッコリーを採るときも、脇目を残すとさらに湾サイズしたのミニミニサイズが数個。1月中くらいは収穫を楽しめますよ。

キャベツ。

ベジフレキャベツは寒さに強い品種。まだまだ元気です。破裂しないうちに収穫!

ホウレンソウ。

ホウレンソウはもともと寒さに強いので、葉を摘んで暫くは楽しめそうですね。

CIMG6884

じんわりと収穫が楽しめる冬野菜。シチューやお鍋など温かレシピに役立ちそうですね。

では、みなさん今年も一年ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

霜対策しました!

今週に入ってぐっと冷え込んできました。昨晩は今年一番の冷え込みとなって、農園には霜柱が!

CIMG6751

冷凍庫の中のホウレンソウのようになってます。

でも、こうやって凍ったり、溶けたりする中で、野菜は凍りにくいように自分の糖度を高め、それが冬野菜の甘みに繋がっているんですって。

CIMG6752

ダイコンも健康に育っていますねぇ。

CIMG6756

それでも霜に弱いシュンギクだけは、ポリビニルで防霜対策をしなければなりませんでした。

今回は防虫ネットの上にかぶせるカタチで設置です。

CIMG6757

昼間はこのトンネルの横を少し開けて、中が灼熱になるのを防ぎます。夕方は戻してあげるのが理想なのですが、毎日散歩がてらに通えない方は、とりあえず開けっ放しでOK。

CIMG6753

ちょっと小さくて分かりにくいですが、ブロッコリーがやっと実をつけ始めました。これからが早いはずなのですが。。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

いよいよキャベツの収穫!

朝晩すっかり寒くなりましたが、今日の畑は日差しも暖かい小春日和。少し動くと暑いくらいです。

CIMG6620

春菊は前回のネット張りなおしの成果もあって、カメムシ、霜の害から守られていますが、ネットを張っていないところは、カメムシの攻撃で葉が縮んでしまっています。

犯人はこの昆虫。

CIMG6615

黄緑色で小さくてすばしこい「ツマグロミドリカスミカメムシ」。ネットが張られた影響で、ネットの無い春菊にわんさかたかっていました。

キャベツにもまだモンシロチョウの幼虫がいるので、発見したらやっつけてください。

そんなキャベツもいよいよ収穫できるまでに成長しました。

収穫はサイズというよりは、球の硬さ。上から手で押してみてしっかりと詰まっているようなら食べごろです。

CIMG6604

大きな葉と葉の間をこのように横に倒すように広げて包丁でさくっと切り取ります。

CIMG6608

 

CIMG6613

こんなに立派に育ちました!

このキャベツ、収穫しないで放置しておくと破裂してしまうので、気をつけましょう。

これからの収穫のタイミングですが、

・ブロッコリー:花が付いてからは成長が早いです。あと2週間ぐらいでしょうか。

・ホウレンソウ:1穴に1~2株に調整して、葉を折るように収穫すると何回も収穫できます。

・白菜:キャベツ同様巻いてきている中心を軽く押してみて硬くなっているようなら食べ時。

・カブ:大きいほうがやわらかいので、10cm~15cmくらいになるまで待ってみては?

~お知らせ~

来週29日(土)は第三回食の交流会です。参加希望の方で、まだ事務局までお返事いただけていない方は、水曜日までにメールで参加希望をお知らせください。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

春菊はこうやってとる!

こんにちは!ベジフレです。
今日はさむ~い作業日でした。
雨もパラパラ(小川さんが雨雲を連れてきたという噂も…)。

さて今日は、ずっとゆっくり書けずにいた春菊の収穫方法についてです!
やわらかい上部分を収穫するやり方は、モロヘイヤに似ています。

まず、一番太い茎を見つけて、葉が縦に伸び始めているあたりで、ポキッと手で折ります。

こんな感じでポキッと!

適切に収穫したときの春菊茎
適切に収穫したときの春菊茎

白い液体が出てくる場合は、ちょっと収穫が遅かったかな!?というサイン。

白いのはカタイ
白いのはカタイ

【今日の収穫(言葉版)】
“なんでも、「手でポキっと折れる」ぐらいが食べごろ”
応用できそうです!

その他、注意点は…
・ニンジンは5cm間隔になるように適切に間引く
・カブ、ダイコンは1本にしておく
・ホウレンソウは大きくなったら収穫して、また種をまけば12月末からまた収穫可能!

オオカマキリがバッタを食べているシーンや

オオカマキリがバッタを・・・
オオカマキリがバッタを・・・

セクシーにんじんの登場で、本日は終了です。

セクシーにんじん
セクシーにんじん
ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ホウレンソウの収穫とカブの間引き

こんにちは、ベジフレです。
今日も先週に続き暖かく作業しやすい日でした!
さすがに今週は裏起毛のパーカーは着てきませんでした(^^;)

さて、ホウレンソウの収穫が始まりました。
区画によってはまだのところもありますが、大きくなってきたらどんどん収穫しちゃいましょう!
収穫しおわった場所にまた種を植えますが、今の時期にまけば12月には大きくなってまた収穫できるそうですよ。

ホウレンソウ初ゲット!

【ホウレンソウの収穫方法】

根本をハサミの先で探りながら、1株分と思われるところを土の中で切ります。

根元をほじほじ・・・
根元をほじほじ・・・

収穫完了!
手前の短くて細い(1本だけしゅるっと出ているの、わかります???)葉っぱはおいしくないので取り除きます。

こーんな感じ!
こーんな感じ!

春にはうまく育たなかったホウレンソウ。秋の今、ようやく初の収穫を迎えることができました!
春菊も収穫できます。ナスのように剪定しながら育てていくとのことですが、その方法はまたの機会に・・・

【カブの間引き方】

カブの根元をよ~くみて、1株(カブ、だけに!)にします。
このまま育てると、実の白い部分がからまってしまうんだそう。

カブの根元
カブの根元

こんな感じでからまりをほどくイメージで、狙いを定めます。

からまりをほどくように・・・
からまりをほどくように・・・

そして、抜きます。

抜きます!
抜きます!

間引いた後のカブは、葉っぱをおひたしにするとGOOD!

間引き後のカブ
間引き後のカブ

ニンジンも収穫できますよ~!間引きながら様子をみて、葉の部分もおいしくいただきましょう^^

ニンジンも!
ニンジンも!
ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

白菜・大根・ホウレンソウを植えました。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

今日は白菜とホウレンソウと大根です!

こんにちは!ベジフレです。
今回は3種類の作物を植えました。

白菜・・・苗
ホウレンソウと大根・・・種

です。

ホウレンソウと大根は次回でもまだ間に合います。
まず今日は白菜を頑張って植え終えました!
進んでいる方はもちろん3種植え終わっている方もいますが・・(^_^)

【白菜】

白菜の苗はこんな感じ。

白菜の苗
白菜の苗

これをこんな風に「ちどり」に植えます!
CIMG6135

そうしたら、アーチをかけて、
CIMG6137

防虫ネットを張ります!お水もたーっぷりあげてくださいね!
CIMG6138

【ホウレンソウ】

まずマルチ(穴がたくさんあいているほう!)をはって、種を1つの穴に5粒ずついれ、土をかぶせます!
種は「その種の大きさの3倍の深さ」に埋めるのが基本!
CIMG6140

種をまき終わったら、その上から防虫ネットをかぶせます。やりかたは白菜と同じです~。
CIMG6141

【大根】

マルチ(穴が少ないほう!)をはって、種を1つの穴に3粒ずつ入れ、土をかぶせます。
その後、防虫ネットをかぶせます。ホウレンソウとほぼ同じですね。使うマルチと種の数が違うくらい。

ネットのはりかたについては、前回の記事「キャベツ・ブロッコリー 秋冬編」も参考にしてみてくださいね。

涼しい中での作業でしたが、早くも鍋の話題に・・・(笑)
けんちん汁も飲みたい!
食欲の秋が到来しそうな予感。。乙女にとっては悩ましい季節です。

【クリックで動画を再生】

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。