野菜種類別のアーカイブ: カブ

間引き祭!

こんにちは!ベジフレです。

今週のベジフレはまさに間引き祭!!!
間引きとは思えない立派なサイズのニンジンと、女性に大人気!見た目がカワイイ~♪カブを収穫しました。

12212100_767174903392928_486470537_n

じゃーん。
12202408_767174743392944_36046009_n

じゃ~ん!
12205103_767174800059605_1879123143_n

じゃじゃ~ん!!
12208197_767174720059613_345003188_n

ばーん!!!!
12226437_767174736726278_2066505591_n

収穫、楽しい~(*´д`*)

 

そして思わず、その場でパクリ。
12204875_767174956726256_749782289_n

私もいただきましたが、甘くておいしい!

さて、今週の注意点です。

①ブロッコリー
先週から、小川さん曰く「キテる!」という、
スティックセニョールの花芽。

このくらいのものが、一週間たつと・・・
12205102_767076693402749_94451756_n

こんなに大きくなります。意外と生長がはやいんですね!!(゚Д゚;)
12226453_767076953402723_1889539021_n

②コマツナ
大きいものから1茎ずつ収穫して、小さいものを育てます!
株ごと抜くとすぐ終わっちゃいますので、長く楽しみましょう^^
12202235_767075570069528_621952328_n

③害虫たち

モンシロチョウの幼虫。葉にまだまだいます。
12202567_767073530069732_1664737958_n

シロイチモンジヨトウの幼虫。存在感ありますね!!
12202321_767074326736319_1456539901_n

気温が下がってきました。
もうお鍋がおいしい季節ですね!
他の野菜も収穫が待ち遠しいです♪

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ほうれん草、根切り事件!

こんにちは。ベジフレです。

ほうれん草が根切り虫にやられていました。
12179227_762214007222351_10926991_n

こいつらです!!
12179109_762215453888873_1732924462_n

カブラヤガの幼虫が根を食べるので、ネキリムシと総称して呼んでいますが、
コガネムシの幼虫も根を食べるのでネキリムシ一味ですね!!注意。

ヨトウムシ、モンシロチョウの幼虫、ネキリムシの三種が今、ベジフレでは大暴れ。
見つけたら退治しましょう。

ほうれん草は、まきなおします!
今出ている芽はネキリムシたちのエサにするので、出ている芽は抜かずにその隣に撒きます。
12179819_762218013888617_1331750052_n
育ちの早い弁天丸という品種です!

今日は白菜などの苗ものの土寄せをやりました。
12180207_762217067222045_1174109072_n
上の写真のように、1つ1つに寄せる形だと、雨で土が流れてしまい、
せっかくの土寄せも意味がなくなってしまうんですって。

こんなふうに、
12177846_762217440555341_1715666828_n
うねをたてるみたいに四角く寄せると、雨で水も養分も吸えます。つまり、この土寄せで追肥効果もあるってことですね!

ということで、まとめです。
本日の作業は、虫、まき直し、間引き、土寄せの、4つでした。
間引きについては触れませんでしたが、ダイコンとニンジンは早めに間引いてあげてくださいね。
そうしないと、合体したり、半分ぺちゃんこだったり、1つの出来が小さくなってしまいますよ~。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

秋冬の管理作業

こんにちは、ベジフレです。

秋冬の管理作業がスタート!
やるべきことは主に3つ。

■苗ものの土寄せ
■間引き
■ネットはがし

具体的にみていきましょう。

1)苗ものの土寄せ
苗で植えたもの(キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ)は、土寄せを行います。

12165785_844405639005859_963498654_n

少しケイフンを入れて土を盛ります。
次の雨の時に植物が喜んで一気に大きくなりますよ~!
株元だけに土を盛るのではなく、2列の畝を作るように土を盛りましょう。
これによって成長に差がだいぶ出ます!!

↓こんな感じで完了。
12168110_844406029005820_1415922156_n

12167868_844416782338078_1432099997_n

2)間引き
12168062_844407505672339_435039523_n

<大根>
大根をまびくときは、からんだ葉をきちんと解いてからにしましょう!
上の写真ぐらいの大きさでマビキ時です。ひと穴1本にしますよ~。
間引いたダイコンは、「マビキナ」といって、昔は売れたんだそうです。
大根は取った瞬間から劣化するので、早く食べてくださいね♪

<カブ>カブはカブの形になる前にまびきます。

<ニンジン>
ニンジンは5センチ幅(列幅は10センチ)にします。負けてる方をまびきます!

3)ネットはがし

キャベツ、ブロッコリー、白菜はネットにぶつかるくらい大きくなったら、ネットを外します。

剥がしたネットはもとの場所にたたんで小綺麗にしておきます(^^)
乾いた頃を見計らってみんなで巻き巻き整頓作業をしましょう~。

12166160_844400752339681_790756224_n

1937858_844405505672539_1109269330_n

19番さんの区画が参考になります。ので、わからない場合は見せてもらってくださいね~!
12167128_844423215670768_2030635500_n

農機具入れに種とマルチを置いておきましたので、まだの方はお好きなタイミングで作業を進めてみてくださいネ。
12165943_844397259006697_1583275722_n

12170684_844397249006698_843406998_n

会員さんから梨の差し入れをいただきました~!
みんなで試食。とってもおいしかったです♪
12170621_844418155671274_1689285337_n

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

2014年最後のベジフレ講習会!!

こんにちは。ベジフレです。

早いもので、2014年も残すところ後10日ほど。あっという間の農園ライフでしたね~。

さて、爆弾低気圧が発生して北海道などでは大変な風雪に見舞われたところもありました。この低気圧、海水温がまだ高いところに、この時期としては強い寒波が南下したことによるものだそうで、温暖化の過渡期の現象ともいわれています。昨年も関東地方は大雪が降ったように、極端な気象現象に気を許せないこの頃です。

ここ数日の極度の冷え込みは野菜たちにどんな影響を及ぼしたのでしょうか・・・。

まずは、春菊。

もともと寒さに弱いということで、トンネルを施したのですが、さすがに数日の冷え込みのせいで弱ってきています。うーん。これからの陽気にもよりますが、もしかしたら数日中に元気なところだけでも収穫しておいたほうが良いかもしれませんね。

もちろん、芯が生きていれば、また葉を茂らせてくれる可能性はありますが・・・。

ダイコン。

CIMG6880

葉がこの写真のようにシナッとなってきているようでしたら、早めの収穫がよいです。霜にあたってせっかく甘くなってきているのですが、さすがに極度の寒気には露出している部分が耐え切れずこのようになってしまっています。

寒気を防ぐには、この根の部分を土で埋めてしまうという方法や、一度抜いて土に埋めてしまうなどの方法もあります。寒冷地では、このまま葉ごと埋めてしまうところもあるくらい。土による防寒と保存ですね。

カブ。

CIMG6879

ベジフレのカブは寒さに抵抗性を持っているようで、元気!いい感じのものは収穫!たぶん1月ごろまではだいじょうV。

でも、アブラナ科は陽が長くなってくると花を咲かせようと中心から花芽があがってきます(トウダチというそうです)。そうすると芯がモクシツ化して木のように硬くなってしまうので、気をつけましょうね。

ニンジン。

葉が枯れてなくなってしまっても、土中で保存されますので大丈夫。でも、どこにあるか分からなくなる可能性もあります。しばらくすると芽を出してくるので、それを目安に採ることもできますが、芽が育ちすぎると今度はおいしくなくなりますのでタイミングを間違えないで。

ハクサイ。

CIMG6875

霜にあたると周りの葉がぐでっとなってしまいます。まだ収穫しないものは紐を使って保温できるように、周りの葉をまとめましょう。

CIMG6876

ブロッコリー。

CIMG6871

お待ちかねのブロッコリーです。やっと食べられそうになってきました。

収穫するときは、10センチくらい下を切ってあげます。そのとき脇目を残すようにしておくと、その後ワンランク下のサイズのブロッコリーが数個採れます。そのミニブロッコリーを採るときも、脇目を残すとさらに湾サイズしたのミニミニサイズが数個。1月中くらいは収穫を楽しめますよ。

キャベツ。

ベジフレキャベツは寒さに強い品種。まだまだ元気です。破裂しないうちに収穫!

ホウレンソウ。

ホウレンソウはもともと寒さに強いので、葉を摘んで暫くは楽しめそうですね。

CIMG6884

じんわりと収穫が楽しめる冬野菜。シチューやお鍋など温かレシピに役立ちそうですね。

では、みなさん今年も一年ありがとうございました。良いお年をお迎えください。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

いよいよキャベツの収穫!

朝晩すっかり寒くなりましたが、今日の畑は日差しも暖かい小春日和。少し動くと暑いくらいです。

CIMG6620

春菊は前回のネット張りなおしの成果もあって、カメムシ、霜の害から守られていますが、ネットを張っていないところは、カメムシの攻撃で葉が縮んでしまっています。

犯人はこの昆虫。

CIMG6615

黄緑色で小さくてすばしこい「ツマグロミドリカスミカメムシ」。ネットが張られた影響で、ネットの無い春菊にわんさかたかっていました。

キャベツにもまだモンシロチョウの幼虫がいるので、発見したらやっつけてください。

そんなキャベツもいよいよ収穫できるまでに成長しました。

収穫はサイズというよりは、球の硬さ。上から手で押してみてしっかりと詰まっているようなら食べごろです。

CIMG6604

大きな葉と葉の間をこのように横に倒すように広げて包丁でさくっと切り取ります。

CIMG6608

 

CIMG6613

こんなに立派に育ちました!

このキャベツ、収穫しないで放置しておくと破裂してしまうので、気をつけましょう。

これからの収穫のタイミングですが、

・ブロッコリー:花が付いてからは成長が早いです。あと2週間ぐらいでしょうか。

・ホウレンソウ:1穴に1~2株に調整して、葉を折るように収穫すると何回も収穫できます。

・白菜:キャベツ同様巻いてきている中心を軽く押してみて硬くなっているようなら食べ時。

・カブ:大きいほうがやわらかいので、10cm~15cmくらいになるまで待ってみては?

~お知らせ~

来週29日(土)は第三回食の交流会です。参加希望の方で、まだ事務局までお返事いただけていない方は、水曜日までにメールで参加希望をお知らせください。

 

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

春菊はこうやってとる!

こんにちは!ベジフレです。
今日はさむ~い作業日でした。
雨もパラパラ(小川さんが雨雲を連れてきたという噂も…)。

さて今日は、ずっとゆっくり書けずにいた春菊の収穫方法についてです!
やわらかい上部分を収穫するやり方は、モロヘイヤに似ています。

まず、一番太い茎を見つけて、葉が縦に伸び始めているあたりで、ポキッと手で折ります。

こんな感じでポキッと!

適切に収穫したときの春菊茎
適切に収穫したときの春菊茎

白い液体が出てくる場合は、ちょっと収穫が遅かったかな!?というサイン。

白いのはカタイ
白いのはカタイ

【今日の収穫(言葉版)】
“なんでも、「手でポキっと折れる」ぐらいが食べごろ”
応用できそうです!

その他、注意点は…
・ニンジンは5cm間隔になるように適切に間引く
・カブ、ダイコンは1本にしておく
・ホウレンソウは大きくなったら収穫して、また種をまけば12月末からまた収穫可能!

オオカマキリがバッタを食べているシーンや

オオカマキリがバッタを・・・
オオカマキリがバッタを・・・

セクシーにんじんの登場で、本日は終了です。

セクシーにんじん
セクシーにんじん
ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

いきなり!小川ファーム見学へ!

昨夜から降ってきた雨。朝には回復しそうにない暗い空とシトシト雨で、今日の圃場での作業は中止となりました。

雨の日は雨天時プログラムです。10:00から小川さんのお話と思っていたら、雨は上がり気味。プログラム参加者も少数でしたので、ここはひとつ小川ファーム見学に!ということで、小川さんの農園に行ってきました。

最初のご挨拶はなんとスズメバチから。オスなので刺さないということ。

CIMG6458

CIMG6463

 

CIMG6461

ニホンミツバチの巣箱の中を見せてもらいました。

DSC_0357

DSC_0358

採れた蜂蜜をテイスティング。うーん、さっぱりとした甘さです。

いろいろな花の蜜がブレンドされているそうで、これが本来のニホンの蜂蜜なんだとか。

整然と植えられたブロッコリーなどなど。

CIMG6471

 

これだけの野菜を害虫から守る小川さん。。。恐るべし!虫ハンター&虫使い!!

CIMG6473

こちらはコールラビ。紫の球の部分がもう少し大きくなったら食べます。ドイツ語でキャベツ+カブという意味らしく、キャベツの仲間だとか。 地中海地方原産のヨーロッパでは知られている野菜らしいですが、これまた珍しいですね。

CIMG6480

DSC_0362

こちらは先日のトークショーでも話が出た「宇宙芋(笑)」。その実はまるで隕石のような外観。エアー・ポテトだから宇宙芋なのか、隕石みたいだから宇宙なのか・・・。名前の由来はともかく、空中に生る芋だと思ってください。こんなものもあるんですねぇ。気になる味の方はジャガイモに似ているとか。

CIMG6476

とってもひとなつっこい小川さんちの猫でした。

12時近くに一時的にやんでいた雨も降り出し、今日の見学はここまで。

小川さんありがとうございました!

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

ホウレンソウの収穫とカブの間引き

こんにちは、ベジフレです。
今日も先週に続き暖かく作業しやすい日でした!
さすがに今週は裏起毛のパーカーは着てきませんでした(^^;)

さて、ホウレンソウの収穫が始まりました。
区画によってはまだのところもありますが、大きくなってきたらどんどん収穫しちゃいましょう!
収穫しおわった場所にまた種を植えますが、今の時期にまけば12月には大きくなってまた収穫できるそうですよ。

ホウレンソウ初ゲット!

【ホウレンソウの収穫方法】

根本をハサミの先で探りながら、1株分と思われるところを土の中で切ります。

根元をほじほじ・・・
根元をほじほじ・・・

収穫完了!
手前の短くて細い(1本だけしゅるっと出ているの、わかります???)葉っぱはおいしくないので取り除きます。

こーんな感じ!
こーんな感じ!

春にはうまく育たなかったホウレンソウ。秋の今、ようやく初の収穫を迎えることができました!
春菊も収穫できます。ナスのように剪定しながら育てていくとのことですが、その方法はまたの機会に・・・

【カブの間引き方】

カブの根元をよ~くみて、1株(カブ、だけに!)にします。
このまま育てると、実の白い部分がからまってしまうんだそう。

カブの根元
カブの根元

こんな感じでからまりをほどくイメージで、狙いを定めます。

からまりをほどくように・・・
からまりをほどくように・・・

そして、抜きます。

抜きます!
抜きます!

間引いた後のカブは、葉っぱをおひたしにするとGOOD!

間引き後のカブ
間引き後のカブ

ニンジンも収穫できますよ~!間引きながら様子をみて、葉の部分もおいしくいただきましょう^^

ニンジンも!
ニンジンも!
ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。

カブを植えました!

こんにちは!ベジフレです。
1枚目の写真は、虫のワンダーランド。
キアゲハの幼虫がニンジンについていますよ~よくみて退治!!

虫ワールド
虫ワールド

さて、今日はカブを植えました。
オクラとモロヘイヤがあったところを耕して、マルチ(穴の多いほう)を敷きます!

カブまきシーン
カブまきシーン

防虫ネットをかぶせて、(端はちょっと長いけど、折りこんで入れます)できあがり!

カブにも防虫ネットをかぶせます
カブにも防虫ネットをかぶせます

防虫ネットの中に虫がいる区画も。
できるだけネットの中に虫は入れないようにしましょう!

ネットの中の虫は、逃がしましょう
ネットの中の虫は、逃がしましょう

ナスがあるところにコマツナを植える予定です。
もうナスを終わりにしても良いかな、と思ったら、カブと同じ穴の多いマルチをはって、5粒ずつまきましょう。
(あとから2株程度、間引きます)
ちなみにコマツナは10月末までまけます!

講習会終了後の「野菜講座」も、大好評で終了しました!
IPM(総合的病害虫管理)などの普段はなかなか聞けない話や、
テントウムシ事件、イチゴ大失敗の巻・・・など、爆笑の渦の一幕も。
野菜講座2(鋭意企画中・・・)にもどうぞご期待ください!

講座の1シーン
講座の1シーン

【10月6日追記】

PIC_2287

 

キャベツ、ブロッコリー、白菜の葉が食べられていたら、このヨトウムシに注意です。シロイチモンジヨトウガの幼虫で、夏のヨトウムシほど大量発生はしませんが、葉の裏にいて発見しにくいので、食べられたばかりの葉(食べられて時間の経った穴は、穴の部分が黄緑に変色していますが、食べたては緑のままなので、そこを重点的に調べましょう。)

PIC_2297

ニンジンの大敵はキアゲハの幼虫ですが、メイガの幼虫も発生しています。トウモロコシのときのように芯にもぐりこんでニンジンを食べてしまうので、早期発見、退治しましょう。

PIC_2294

 

メイガの幼虫を発見するのは、なんかニンジンの葉が元気ないなぁというものの根元に数の子のような黄~オレンジの食べかすを見つけます。こうなるとこのニンジンは芯まで食べられている可能性が大きいので掘り出して引きずり出すしか駆除できません・・・。

ベジフレちゃん

この記事を書いた人: ベジフレちゃん

無農薬農園にあこがれベジフレで働くことになった女の子。 でも実は、農業も料理もまったくの素人。野菜を育てるのも、作るのも苦手だけど、食べるのは得意。 座右の銘である「わからない事は、わかるまで調べる」のとおり、分からない事があれば小川さんや森脇さんにしつこくつきまとい納得するまで食い下がる、ちょっと痛い子。